声優オーディション写真

俳優 オーディション写真 服装 4選と撮影ポイント

俳優 オーディション写真 服装アドバイス

  1. 服装フォルム
    女性は ” トップスは胸元が適度に開いたカットソー又はブラウス ” がオススメです。二の腕に自信の無い場合は長袖でも大丈夫です。エレガント志向であればワンピースも良いでしょう。ワンピースはポーズが限定されるので動きのあるイメージは作りにくくなります。

    ボトムスは基本的には膝が見える丈のスカートがオススメです。長めのスカートにするなら、トップスは短めにするとスタイリッシュに見えます。ふくらはぎの丈のスカートは難しいのです。

    男性は ” カジュアルなシャツやジャケット ” がおすすめです。パンツはスラックスやジーンズでOKですが厚手の生地はやめましょう。プロダクション所属後はスーツとカジュアルの2種類の宣材を持つ事もあります。
  2. カラー
    ホワイト系は人気の色で ” 新人として透明感の演出 ” に向いています。薄い色は柔らかいイメージの演出に向いています。一方濃い色はインパクトが強くはっきりとした印象になります。赤、オレンジ、黄色など暖色系は肌色がキレイに見える効果があります。

  3. 女性はヒールの高さのある靴がオススメです。またヒールは細いほど足首がしまって見える傾向があります。
  4. 季節感
    季節感の少ない春夏もの ” が良いでしょう。

オーディション写真の服装ではディープに似合う服の選び方を理解できます。


俳優 オーディション写真 服装

ミュージカル系の撮影法

ユーザーの顔を拝見し長所を引き出す撮影法を考えます。それには顔の各パーツを美しく表現できるアングルを探しつつ、シンプルに撮影する事を心掛けます。「性格や話し方」も参考にします。なぜなら一次審査を通過して二次審査にそなえ、写真と本人との違和感がないようにするためです。これが男女問わず人気のオーディション写真撮影法です。

  1. 撮影用ファッション
    たとえば「タンクトップ+パンツ」であればミュージカルのオーディション写真として最適です。またダンサーのオーディションにも良いでしょう。服装がアクティブなら活発な女性として撮影します。
  2. イケてるファッションコーデ
    フィットしたタンクトップに股上の浅いショートパンツです。もし股上の長いパンツであったなら脚ではなく「胴」が長くみえてしまいます。フィット感を強くすればダンスが上手そうに見えます。適した服選びとはデザインに特徴を持たせず、流行のないプレーンなデザインが良いでしょう。
  3. ポーズテクニック
    イメージを決める上で大切なのがポージングです。ミュージカル的な躍動感を持たせ、手を腰に当てダイナミックなイメージにします。脚はクロスポーズにしてして脚長効果+脚細効果をダブル達成ます。
  4. 撮影の重要ポイント
    • 自信のある表情
    • 美しい顎のライン
    • 美肌
    • 美しい口元
    • 顔の彫の深み、等々です。



俳優 オーディション写真

カメラマンの役割|レッスンプランを準備

ユーザーの魅力を引き出すのはカメラマンの役割です。その為に撮影が苦手な方に向けてプチレッスン、フルレッスンのショートレッスン付プランを用意しています。

上手く撮れないのは上手く撮るためのステップを踏んでいないからです。ショートレッスンは10分程度で ” 顔立ちと気持ちの向上 ” を狙います。

評判は上々で

  • 今までに教えてもらったことがない内容です
  • 大変良い勉強になりました
などと好評です。たとえ倍率の高いオーディションでも十分可能性は生まれます。