印象的 俳優オーディション写真の作り方

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

印象的な俳優オーディション写真にする方法

ボディーラインをしっかり見せる|ポイント1
ポイントの一つは上半身の「白いタンクトップ」です。

白い服は立体感が出にくいため、照明セッティングを繊細にコントロールする必要があります。

特に白いタンクトップはまるで漂泊しているように「純白」なので、照明が強すぎると身体のラインが分からなくなってしまいます。
そうならないように背景色を明るいグレーにし、白よりトーンを落としタンクトップとのコントラストを付けました。

その効果でボディーラインが浮かび上がり体のラインが分かります。

インパクトを付ける|ポイント2
印象が強くなるよう工夫したこと。

  • 目を見開いた笑顔
    笑いすぎて目が細くならない様に気を付けます。
  • カメラに対して正面向き
    顔をカメラ対して正面向きにすればするほど印象が強くなります。

    本来、顔を正面向きにすると立体感が失われます。
    しかし、それを防ぐために照明を斜めから当て立体感を作ります。
  • 髪を耳に掛ける
    髪がすっきりと耳に掛かり、顔立ちが強調されました。
元気な印象を付ける|ポイント3
白いタンクトップにピンクのバミューダパンツを合わせたので活発な印象となりました。

ポーズもアクティブなストレート系にし、元気なポージングになっています。

印象的な俳優オーディション写真にする|まとめ

俳優のオーディション写真はいい意味で目立たせることが大切です。

是非オーディション会場に来てもらいたい!

そうなれば演技の勝負が出来ます。

演技オーディションの前には様々なシチュエーションを想定して演技の練習を行うことをお勧めします。

チャンスを掴んだら逃さないように最善を尽くしましょう。


関連ページ




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator

カメラマン、ファッションデザイナー、ヘアメイクのキャリアを持つ。 24歳で芸能人相手のヘアメイク事務所に所属。後にファッションデザイナーになる為、デザイン学校に入学。就職後、渡英し2年ついやす。 帰国後 広告カメラマンの撮影に参加。独立後メディア関連を含め様々な撮影に携わる。そのかたわらタレント事務所写真講師、モデル養成プロダクションの撮影もこなす。 詳細はこちら