もっと可愛い自分を発見できるオーディション写真テク

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

イメージの変えるオーディション写真テクの紹介

今までと違うご自分を表現したいと思いませんか。

もっと美しく、もっと可愛くすることは十分に可能です。

それは様々な撮影テクニックを使用することで今までとは異なる印象を引き出し、表現することが可能だからです。

それはいつも鏡で見る顔とは異なる世界の始まりともいえます。

いつもの自分からステップアップする方法

どうするとこんなに可愛く撮れるのですか。

これはカメラマン一人の力ではなくヘアメイクの技術力、そして何よりも美しく撮りたい、可愛くなりたい、との気持ちを持っているユーザーの強い気持ちがあるからです。

これは総合的コラボレーションといえます。

成し遂げる為のステップ

撮影前に会話をしたり、メイク中に言葉を交わすことによりイメージを作り上げて行きます。

そして左右の顔・形を拝見することにより照明、アングル、顔の表情、イメージなどを決めます。

ヘアスタイル、光が顔に当たる位置、服のウエストをつまむ等々、小さい変更を積み重ねることにより、最終的に様々な変化が生まれ、これが完成度を高めます。

・・可愛く撮れた自分を発見しましょう。

3つのNO.1
  1. オーディション写真・宣材写真掲載人数(220名以上)
  2. 情報数(約330ページ)
  3. 合格者掲載数(多数)
※オーディション写真には宣材写真も含みます


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator

カメラマン、ファッションデザイナー、ヘアメイクのキャリアを持つ。 24歳で芸能人相手のヘアメイク事務所に所属。後にファッションデザイナーになる為、デザイン学校に入学。就職後、渡英し2年ついやす。 帰国後 広告カメラマンの撮影に参加。独立後メディア関連を含め様々な撮影に携わる。そのかたわらタレント事務所写真講師、モデル養成プロダクションの撮影もこなす。 詳細はこちら