ロングヘアのオーディション写真の撮り方

ストレートヘアのオーディション写真の撮り方 2選

ストレートヘアのオーディション写真を美しく撮る方法

ストレートヘアのオーディション写真

綺麗な黒髪は日本女性を象徴する美しいヘアスタイルです。そして声優、俳優、モデル等にも人気のあるヘアスタイルです。このロングヘアですが気をつけて撮影しないと「ただの重い髪」に見えてしまいます。そうならない為のロングヘアのオーディション写真の撮り方をご紹介します。

ロングヘアのデザインも様々

個性に合わせた宣材写真

バング(前髪)が長くて、多い場合は特に注意します。そして重く見せないためには「ライティング(照明)」がカギを握ります。

正しい照明のセッティングとして、トップから当てる光が重要です。まず、光の強さがポイントで十分な光量を確保し髪に当てると光がリングの様になり、「天使の輪」が作られ、その作用で軽やかに見え、髪の一本一本が分かるようになります。

このようにできれば「黒髪の美しさ」が表現でき、逆に言えばこのライティングにしないと重苦しい印象になってしまいます。


もう一つ大切なロングスタイルの撮影ポイントは「首の周りや首元におくれ毛のように数本と残さない」ようにします。たとえ1本でも絡みつくと清潔感が失われ兼ねません。このようにならないため撮影中、カメラマン自らがしっかしりヘアスタイル確認し他人任せにしないことが重要です。

一方、撮られるモデル側としては撮影位置に立ったら頭を振ったり、下を向いたりせずに髪型が乱れないようにするのも大切です。カメラマンとのコミュニケーションの中でも、相づちを打たず「はい」など声だけで答えると良いでしょう。

合わせて読みたい