女優 オーディション写真の撮り方

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

正統派女優を目指すあなたへ

カメラマンとして正統派の撮影では技術的に走り過ぎず、基本的なテクニックを使って撮りたいと考えています。

ポーズ、ライティング、メイクアップを派手にするよりも新人(新人の場合)としての素質を表現していきます。

たとえば全身写真です。
身体のラインを強調してスタイルを誇張することなくシンプルに頭身が良くなるように撮影します。

上半身も同様にスッキリ撮るようにします。

ライティングテクニック
ポーズを凝らなくても特徴を出すことは出来ます。

それがライティングテクニックです。

まず、オーディション写真の目的を考えて「美肌」にする必要があります。

第一義に美肌、そして顔の作りを美しく表現するようにしています。

その為、ドラマチックな光で目を引くのではなく、あくまで女優としての資質を強調させます。

ヘアメイクをやりすぎない
ヘアメイクはやはりシンプルにしましょう。

作り過ぎず基本的な美肌ファンデーションでお肌をイキイキ見せるのがポイントです。

以上のように正統派女優はストレートに表現することを心がけています。


ケーススタディー|ファンデーションどれほど大切か

ドラマは主役女優に色を合わせる
テレビドラマの現場では主演の女優に肌色を合わせます。

ドラマ撮影では初日に全体的な色合いを決めますが、その時に対象となるのが主演の女優の肌色です。

一般的にはピンク系に作り上げますが、肌のコンディションにより不可能なことがあります。

その時にはVEと呼ばれるエンジニアがカラー調整を美しく調節します。


関連ページ


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で