劇団四季 研究生オーディション

劇団四季 研究生オーディション おすすめ写真スタジオ

劇団四季 研究生オーディション応募写真

一概にオーディション写真といっても様々です。それは主催者が求める人材は異なること、そしてオーディション写真に求めるモノが異なるからです。

劇団四季はオーディション写真を非常に重視しており撮影法にも特徴があります。そこでコア(一般的)な研究生として合格するまでのステップをご紹介します。

研究生になる道のり

劇団四季 研究生オーディション

研究生になる為には劇団四季の研究生向けオーディションを受けることになります。エントリーは5つの部門に分類されており得意なジャンルで受けることが出来ます。たとえばヴォーカル部門では歌唱力がポイントになります。

ヴォーカルエントリーを目標にするなら大学、専門学校等でレッスンを積むのが鉄板です。さらに精度を上げるために並行して劇団四季出身者が運営するスクールでレッスンを受けることも有効です。

オーディション写真を撮るきっかけ

劇団四季オーディション

大学、専門学校、スクールで学ぶ中ある程度の実力が付くと「オーディションを受けよう」となります。自ら積極的に応募するケースもありますが、スクール長が「受けてみよう」と背中を押すこともあります。

そしてオーディション写真を撮る事になります。

TS新宿スタジオは独自の撮影メソッドに基づき皆を同じには撮りません。なざなら個性は一つであり他人とは異なるからです。

顔立ちが異なるのはもちろんですが話し方、性格、ファッションセンスからも個人を見極める努力を惜しみません。

まとめ

このような撮り方をする必要が本当にあるのかと疑ったこともありますが、最近では役柄に見立てて撮る” 必要性はある “と感じています。そのほうがオーディション写真の一次通過率は上がるからです。


合わせて読みたい