ロリータ宣材写真

オーディション写真 髪型 メイクなどの基本4選

オーディション写真オーディション写真 髪型 メイクの基本

ナチュラルに仕上げる

オーディション写真を髪型、メイク、服装で「整える」のは大切です。でもどのよう決めるるのか、どの程度して良いのかを悩みの種になります。そこで撮影にお越しになる皆さんの身だしなみの傾向を見ながら、どうすると『可愛く決められるか』をご紹介します。

髪型とメイクアップについて

オーディション写真 髪型 メイク

どの職種であろうとも「やり過ぎない」のが重要です。

オーディションでは「素顔を見たい」ものですから撮影時には美肌力は高めますが、ポイントメイクはそこそこにします。但し、アイメイクに重点を置きつつも、ナチュラルに留めます。それは『素肌を美しく目元はしっかり』などです。メリハリの効いた印象的な仕上がりにするため、アイメイクを目の大きさや、形に合わせて、強くしたい、弱くしたりと変えます。

誤解してはいけないのが「だったらスッピンで勝負」または自分のメイクで撮影することです。自己メイクとプロメイクを比較して、最も差がつくのはファンデーションテクニックです。目の下、口の周り、そして小鼻のケアに特徴的な差が生まれます。

服の選び方

服装は撮影する職種で変える必要があります。たとえば、俳優、声優、歌手などでは「体へのフィット感」が求められます。それはどのような体型かをアピールすためですが、必要以上にフィットさせ見せたくない部分を見せる必要はありません。スタイルに自信のある場合は普通よりもフィットさせ、ラインを強調する事は好いと思います。

照明効果

照明が関係するのです。自分で行ったメイクでは撮影時の「照明」が計算には入りません。オーディション写真おいては強さと照明の当て方がポイントになります。ですから細心の注意を払って、ライティングをセッティングします。

撮り方

ラインを出すからと言ってセクシーに撮ることはありませんし、逆にいうとセクシー過ぎないほうが良いでしょう。それが俳優、声優、歌手の鉄則の様なモノです。

対照的にグラビア、レース、などのセクシーさが求められる場合、ラインを強調した服装にし、ボトムはミニスカートやショートパンツにします。撮り方もバスト、ウエスト、ヒップを強めに撮るとアピール度が上がるでしょう。

まとめ

以上がオーディション写真 髪型 メイクの基本アドバイスです。やりすぎに注視して臨むのが大切です。

合わせて読みたい