ミュージカル ダンサー オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

ミュージカル ダンサー オーディション写真のポイント

撮影について

  • コンセプト:印象に残る表情、スタイリッシュンなポーズを表現します。
  • イメージ:舞台で映えるダイナミックな躍動感に重点を置いています。
  • 背景:白いペーパー、白壁、白レンガ、白窓の準備があります。
  • 当スタジオのポイント:様々なカテゴリーのダンサーを撮影しているため幅広い表現が可能です。
  • 合格者多数:通常のダンスポーズを見せて頂き ” 写真としてに見栄えするようにアドバイスします。” 更に本番撮影前のレッスン付きプランもあり「写真が苦手、写りが良くない、初めての撮影」でも印象的にアピールできる様になります。
<<infomation:ミュージカル・ダンサー多数合格 ” 合格の声 ” だから北海道や沖縄からもご来店を頂いております>>

男性:オーディション写真が大きな力を持つ





ミュージカル





複数出演も夢ではない





ボーカル


for Singer

海外オーディション写真 ニューヨーク


※ニューヨークオーディション




ストリート系ダンサー





ミュージカルポスター|撮影エピソード

撮影するキャストは元アイドルタレントとNHKで活躍される俳優そして主役の高校生です。

ミュージカルのキャストにとって大切なこと

撮影の合間にオーディションを行う際の「合格の決めて」を担当者に聞いてみました。

主な基準は3つで
  1. 演技が出来る
  2. ダンスが出来る
  3. 協調性がある、などです。
ミュージカルはダンスが重要です。具体的にはクラシックバレーやジャズダンスをベースにタップ、ヒップホップなど出来ると出演範囲が広がります。

レッスンでは他人と長い時間を共有するので良い関係を保つ為に協調性が必要になります。気持ちよく仕事をするには大事ですね。
(世界名作劇場 by ハウス食品)




関連ページ

WEB予約・24時間365日


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator

カメラマン、ファッションデザイナー、ヘアメイクのキャリアを持つ。 24歳で芸能人相手のヘアメイク事務所に所属。後にファッションデザイナーになる為、デザイン学校に入学。就職後、渡英し2年ついやす。 帰国後 広告カメラマンの撮影に参加。独立後メディア関連を含め様々な撮影に携わる。そのかたわらタレント事務所写真講師、モデル養成プロダクションの撮影もこなす。 詳細はこちら

この記事についてご質問受付中(全て入力/メルアドは非公開)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください