劇団四季 オーディション写真

劇団四季オーディション写真の撮り方と要点 4選

劇団四季オーディション写真の撮り方と要点/これなら行ける!

希望の部門でエントリーする

劇団四季 オーディション写真

劇団四季のオーディションは各々が得意とする部門でエントリー可能です。

「ヴォーカルクラシック」「ヴォーカルポピュラー」「演技」「ジャズダンス」「クラシックバレエ」の5つの部門から構成されます。

得意の分野でエントリー出来るメリットはありますが、そのスペシャリストが集まるだけに合格は簡単ではないかもしれません。

オーディションの倍率

劇団四季オーディション写真の撮り方
エントリー 演技

例年の研究生オーディションでは一次800名→予選200名→本線100名に絞られています。これはコロナ前のデータですが現在の審査は更に厳格になっているようです。

TS新宿スタジオ独自の聞き取り調査によると、5つのエントリーごとに予選進出者が選ばれ、その人数は各部門で男女別に10~20名程度のようです。但し部門により人数は異なっています。

これを見ると予選に進むのが難しいことが分かりますが、逆に言えばそれだけの人数は必ず確保されるので無理な訳ではありません。

だからこそ、写真撮影に関してあなたの長所を最大限引き出し” 予選進出 “して頂けるように頑張りたいとスタッフ一同考えています。

目標は舞台人として十分な素養の表現です。その為に部門の特徴に合わた撮影方で長所を引き出し完成度を上げて行きます。

大きなデータサイズ/2022の変更点

全身劇団四季の宣材写真

応募には写真データ3カットが必要になります。サイズは縦4,000px×横3,000pxと指定されており、かなりのビッグサイズになっています。このことからも劇団四季は” 写真を重視している姿勢 “が伺えます。

大きいデータなので、顔のつくりや肌質、体のライン等まで細かく観察するように見ることも可能です。しかし恐れることはありません。このビッグサイズを逆手に取り引き延ばしても耐えうるクオリティーに仕上げれば良いのです。それが差別化になり個性の演出に一役買うことになります。

劇団四季 ダンサー オーディション写真
エントリー・ダンサー

劇団四季 オーディション写真 126選 アドレナリンが合格を引き寄せる

劇団四季其々の撮り方

ヴォーカルクラシック、ヴォーカルポピュラー、演技、ジャズダンス、クラシックバレエ、全てにおいて舞台に立つ姿を想定して撮影します。この撮影法はTS新宿スタジオが撮影して「劇団四季に入団した」方々などを参考にして考案した合格できる撮影メソッドなのです。

顔の表情はドラマチックに舞台映えさせる

ポイントは目と口なので印象的な目力の入れ方+口元の作り方をガイドします。

2022年に劇団四季オーディション写真として撮影した(掲載許可を頂いる)全てのユーザーさんの写真をアップしています。普通写真スタジオでは「上手に撮れた写真を掲載」しますが、TS新宿スタジでは全ての撮影においてユーザーの期待を裏切りません。
※高校生一部は掲載していません
ダンサー オーディション写真
バレエのアチチュードをジャズ風にアレンジ

全身撮影の撮影法

体幹、手足、等々の使い方をチェックし、ポテンシャルの高さ、パーツの美しさ、身体のしなやかさなど、個人の長所を引き出せるようにサポートします。

3カテゴリに分類

ヴォーカル/演技:ジャズ:バレエに分類して撮影法を変えています。ヴォーカル、演技は体のラインを披露しなくて済むので主に体幹を整えながらスタイルを良く撮ることに集中します。クラシックバレエはバレエポーズの教えを守りながらも「華」があることが大切と考えています。ジャズはバレエと重複する点もありますが「ジャズダンス」ならではの美しさを表現することです。

上記の3つで共通してこだわる点は” 脚を外旋させ、指先を美しく表現 “することです。なぜなら最も目立つ箇所でありながらポーズの根本であると考えているからです。

5割の方が選択する撮影プランの紹介

表現力をサポートする撮影前練習プラン・プチレッスン・フルレッスンをご用意しています。上半身、全身共に美しく印象的に、切れ味鋭くをコンセプトにしています。

  • 舞台で映える顔の表現レッスン
  • 体形に合わせたポーズレッスン
  • 写真審査に耐えうる体幹のレッスン
等を習得します。

まとめ

毎年劇団四季向けのオーディション写真を撮影していると「こう撮ると合格できる」「この人なら行けるかもしれない」とのデータが増えて行きます。それを元に更に洗練された写真撮影を全力でおこないます。

劇団四季 オーディション写真 特徴/プラン/予約

エントリー別予約フォーム

混雑すると予約が取れなくなります。お早めの「ご予約」をお勧めします。
合わせて読みたい