笑顔 真顔 オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ

笑顔のイメージとポイント

笑顔が中心のオーディション写真ですが、爽やかさやを表現するには打って付けの表情と言えます。

笑顔のテクニカルポイント
笑顔づくりのポイントは目元と口元です。

口元は口角を上げることで爽やかさは増して行きます。

でもやみくもに口角を沢山上げるのが良い訳ではありません。

それは口元の形、歯並び、表情筋などと相談しながら最適な笑顔を見つけ出す必要があるからです。

・・平たく言うと、笑い過ぎると「ほうれい線(口の周りの縦線)」が強くなり老けた印象になります。

また、歯茎が見えるほどに笑うとカジュアルすぎてオーディション写真としては適していません。

逆に歯並びに自信のない方でも笑顔の角度や口の開き方を調節すると良く撮れます。

・・奥の手では歯を見せないで微笑むテクニックもあります。

更にオプションである『宣材写真仕上げ』を利用すれば顔、形を変形しなくても印象は確実に良くなります。

まったり顔のイメージとポイント

女優 宣材写真



「爽やかな笑顔」にしなくても個性や美しさは表現できます。

但し表情をなくした「真顔」とは違います。

まったり顔は表情は押さえめで、口は閉じ気味にして笑いません。

これは女優の宣材写真に見られる、抑えた演技力がポイントです。

まったり顔のテクニカルポイント
「目を強めに強調し、口元は押さえめにする」ことです。

目を強くするために「目力」を入れることは正論です。

でも、目を大きく見開くだけでは目力とは言わず「大きく見開いた目」になるだけです。

ここでのポイントは感情を込めて表情作りをすることで、魅力あるまったり顔を表現できます。

更にまったりとした顔にもメリハリがあり強めはルージュのCMのように説明する事もあります。

掲載の写真は口元を自然に美しくするため、様々なアドバイスを行っています。

特に撮影前にショートレッスンをするプチレッスンプラン又フルレッスンプランでは各々のスキルに合わせて「簡単で楽しく」をコンセプトに練習しています。

オーディション写真・宣材写真における笑顔比率(当社比較)
  • 俳優・5~6割
  • 声優・7~8割
  • モデル・4~5割
  • ミュージカル・6~7割
  • ダンサー・6~7割
  • 子役・8~9割
  • 歌手・5割
  • コンテスト・8~9割
  • ビジネスプロフィール・7~8割
  • 音楽家・7~8割

3つのNO.1
  1. オーディション写真・宣材写真掲載人数(220名以上)
  2. 情報数(約330ページ)
  3. 合格者掲載数(多数)

関連ページ



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で