ニューヨーク オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

海外オーディションのオーディション写真

今回は海外オーディションのための撮影です。

伺ったお話しによるとニューヨークでは毎日のようにオーディションが行われ、旅行で1カ月も滞在すればかなりのオーディションを受けることができるようです。
オーディション写真のサイズは10インチ×8インチが多いようです(日本で言う六つ切りのこと)。

この写真サイズからも本場の高いテンションが伝わってきます。

しかもバストアップではなく、ヘッドショット(顔のクローズアップ)であるため、穴のあくように顔を見られることになります。 

基本的には日本でのダンスシーンの撮影方法と同じですが、よりダイナミックにする必要があると思います。

アジア人は顔の骨格や体の作りが西欧人より平坦なため、インパクトを表現できるように切れ味を強調するのが良いでしょう。

ニューヨークではオーディションによってヘッドショットのみを提出することもあるようですが、今回は上半身、全身を撮影しています。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator

カメラマン、ファッションデザイナー、ヘアメイクのキャリアを持つ。 24歳で芸能人相手のヘアメイク事務所に所属。後にファッションデザイナーになる為、デザイン学校に入学。就職後、渡英し2年ついやす。 帰国後 広告カメラマンの撮影に参加。独立後メディア関連を含め様々な撮影に携わる。そのかたわらタレント事務所写真講師、モデル養成プロダクションの撮影もこなす。 詳細はこちら