カテゴリーアーカイブ コンパニオン オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ

コンパニオン プロフィール写真で稼ごう

私の知る限りではコンパニオンは主に2種類の仕事を行っています。一つはモーターショーなど「トークなし」のケースと展示会のような「トークあり」のケースです。それらはコンパニオンのキャリアや事務所の方針によって変わります。

事務所に所属すると自動的にオーディションを受ける機会が生まれますが、形態は様々でオーディション会場に出向くケースとオーディションを受けずに仕事が決まるケースがあります。

オーディション会場に行かずに仕事が決まるケースでポイントとなるのが経歴とプロフィール写真の出来栄えです。経歴に関してはキャリアに基づいて作成される為、取りつくろうことは出来ませんが、良いプロフィール写真を持つことで仕事の機会を増やすことは出来ます。

そこでオーディションに行かなくても仕事が貰える好印象なプロフィール写真のポイントを幾つかご紹介します。


笑顔、服、スタイル、靴、ポーズのバランスが取れている



クライアント受けするプロフィール写真・いきいき笑顔のポイント

  • いきいきした笑顔が必須
    元気でいきいきした笑顔はイベントには欠かせません。端正な顔立ちより、笑顔で幸せを与えてくれる人が好まれます。それは”販売する商品も楽しさを与えてくれる”と感じる心理が影響するからです。
  • いきいきした笑顔とはなに?
    気持ちのこもった暖かい眼差しかは人を幸せにします。これは目に感情を込めて笑顔又は微笑みを作ることを示します。楽しい気持ちで写真を撮る環境を整えることが大切です。
  • 印象的な笑顔にするコツ
    友人と楽しい会話をしている時の笑顔は目が細くなり口が大きくなります。これでは印象が弱くなるのでプロフィール写真には不向きです。良いプロフィール写真は逆で目を大きくし口は大きく開けて笑いません。そして生まれるのが”目力の強い明るい笑顔”となります。

まとめ

良いプロフィール写真を持つことで他者をリードすることができます。その為には、イキイキ笑顔、シンプルなヘアメイク、そして似合う服装が必要です。この三拍子がそろえば力強いピロフィール写真を撮影する事が出来ます。

※服の相談OKです。


関連ページ


著者:フォトグラファー タツヤ

コンパニオンの宣材写真の撮り方

社交的に撮るのが大切
イベント会場に出むくと接客してくれるのが「コンパニオン」です。

いつも明るい笑顔で迎えてくれて「凄いな」と感じています。

そんな華やかなイメージのコンパニオンですが仕事は楽ではありません。
続きを読む
著者:フォトグラファー タツヤ

コンパニオン オーディション写真の服装選択

季節が春に向かってくると沢山のイベントが開催されます。

それに伴ってイベントコンパニオンの出番が増え、オーディション写真撮影が盛んになります。

当フォトスタジオでもその傾向があるので『撮り方対策』を紹介します。
続きを読む