テーマパークのオーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

ディズニーランドのオーディション写真はアピール力

ディズニーランドやピューロランドなどのテーマパーク向けの写真は夢と感動を与えられるように撮影するのがポイントです。

そのコツは笑顔と躍動感を表現する事です。

どんな笑顔なら強くアピールできるか

オーディション用の笑顔は単に笑うのではなく『楽しく、キレイに笑う』ことがポイントです。言い方を変えると人に「見せるための笑顔」を作る事と言えます。

「友人とおしゃべりしている時の笑顔」や「家族で話しとしている時の笑顔」などとは一線を画しています。

笑い過ぎると顔がくしゃくしゃになりますし、こわばった顔で笑顔ではかえって辛そうに見えてしまいます。
印象に残る楽しい笑顔に表現する為、
  1. 楽しい気持ちを込め
  2. 目力を付け
  3. 口角をしっかり上げる
ようにします。

これを一人でするのはハードルが高いですが、カメラマンのアドバイスでハードルは下がります。

レオタードで撮るのがオススメ

ディズニーランドはお気に入りの写真を1枚添付すれば良いので(募集年度、エントリカテゴリーによります)、全身を撮影しない場合もあります。

また、上半身、又は全身で「どちらか気に入った方の写真を送りたい場合」はバストアップだけではなく全身写真も撮影します。

スタイルに自信のある方は全身を送るケースもあります。

全身のオーディション写真撮影は、『ダンスが上手そう』に仕上げます。
そのためにはスタイルだけではなく、手の指先、足のつま先まで意識しながらポージングします。

何より、実際に踊っているポースのまま撮影するのではなく、写真映えするようにポーズ修正します。バストアップ同様にカメラマンがポーズアドバイスを行いますので心配ありません。

テーマパークのオーディション写真

関連ページ


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator

カメラマン、ファッションデザイナー、ヘアメイクのキャリアを持つ。 24歳で芸能人相手のヘアメイク事務所に所属。後にファッションデザイナーになる為、デザイン学校に入学。就職後、渡英し2年ついやす。 帰国後 広告カメラマンの撮影に参加。独立後メディア関連を含め様々な撮影に携わる。そのかたわらタレント事務所写真講師、モデル養成プロダクションの撮影もこなす。 詳細はこちら