中学氏モデル オーディション写真

モデル オーディション 写真のレッスン3選 写真スタジオ 東京 新宿

モデル オーディション 写真でステッップアップする方法

モデル オーディション 写真

モデルはお洒落でスタイリッシュ、だから憧れの的なのかもしれません。しかしどうすれモデルのようなキレイなポージングが出来るか知る人は多くはありません。そこでモデルを目指すなら覚えておきたいポージングの基本をご紹介します。

美しいポージングをする方法

モデル募集オーディションの現場を見ると幾つかのポイントはが見えてきます。

それは

  1. バストアップポーズが基本
  2. 手のしぐさが重要
  3. しぐさと顔の表情のマッチング
  4. 全身ポーズはバランス重視
  5. 上手な人は多くない
となりますが、応募者の中で「目立つ」ためにはポーズ+雰囲気マッチさせることです。

ポーズをマスターしよう

ポーズ子供 オーディション写真
ポージングに年齢は関係ない

沢山のポーズが出来るより得意のポーズを一つ習得しましょう。

一つのポーズをかっこよく覚えることで洗練されたイメージを与えることが出来ます。そして、一つ出来たらもう一つ合計2、3ポーズ覚えると良いでしょいう。そしてそれらを連続して出来るようにすれば十分合格候補になれます。

ポーズのポイントを抑える

モデル 宣材写真

1.立ち位置を固定する

指定された立ち位置から前後左右に大きく動かないでポーズチェンジ出来るようにします。。体がぶれると” カメラマンが撮影しにくい “のが理由です。

2.下手な人と差別化する

モデル宣材写真
手を腰に添える

はしなやかさを表すためには格好のパーツであり、下手な人と” 差別化 “できます。ポージングが上手い人は手の形を上手に作ることが出来ます。しなやかさを表現する手の仕草とは「ナチュラル」に作った感を排除することです。例えば、バストアップ撮影では、腰、ウエストそして胸元にあしらう場合が多くなりとても目立つので注意が必要です。

モデル オーディション 写真
左手を胸のあたりに添える

その中でも特に目立つのが胸元に手を添える様なポーズとなります。代表的には掲載写真の様に胸の中央を外しサイドに手をあてがいます。そうすれば” 服や胸元を隠さないポージング “が完成できます。

3.ポージングの勉強をするなら

服のコーデを見るのも勉強になりますが、むしろ手の仕草や雰囲気を掴むと良いでしょう。好みのポースを見つけたら1ポーズ出来るようにします。出来たらあと2つ連続して出来るようにしましょう。同様に全身撮影は大きくゆっくりとポーズチェンジして行きましょう。あせらずに3つのポーズを覚え、それを連続して出来るようにすると良いでしょう。

まとめ

モデルのポージングは撮影した数だけ上手になります。一に撮影、二に撮影、何度も撮影を繰り返し、仕上がりを見て再度撮影して経験を積みましょう。

モデル オーディション写真


合わせて読みたい