声優と声優アイドルとの違い|オーディション写真|宣材写真スタジオ

著者:フォトグラファー タツヤ

声優さんと声優アイドルは違うのか?



声優さんですから「声」の仕事を中心に活動されますが両者はまったく同とはならないようです。

先日大手有名声優事務所の方が宣材写真を撮りに来てくれました。Hさんはすでに芸能界に入られて決して短くはないキャリアの持ち主です。彼女はとてもシャイな印象でしたが非常に熱心で好感のもてる方でした。時間があったので撮影の合間に声優さんの「今」を伺いました。その話の中から受けた「声優アイドル」の印象をまとめて両者の違いを(個人的見解として)考えてオーディション写真や宣材写真の撮り方に生かそうと思います。

具体的な違いは何だろう

どちらも声優さんということは同じですが「立ち位置」が違うようです。具体的には声優アイドルは歌手やタレントのアイドルと同じようなスタンスを持っているようです。
  • キャラクターとしてのイメージ作り
  • 売り出し方
  • アイドルというプロ意識
  • しっかりとしたマネージメント
などを重視して活動するのだと思います。
具体的には、
  • 私生活を出さないことでアイドルとしてのイメージを壊さないようにします。
  • 可愛くて手が届く存在、妹みたいな感覚でファンを獲得します。
  • アイドルとしての身のこなしや、可愛さを身につけます。
  • マネージャーとしっかりコミニュケーションし自己管理できるようにします。
活動はエンターティナー的で多岐にわたります。そのため元来の声優さんの「声」の仕事にプラスして、ステージ、舞台、唄、サイン会、テレビ出演、プロモ制作なども考えられます。

以上のように声優アイドルは「顔だし」の仕事が多いのが特徴です。そのためルックスを鍛えで服装、髪型、メイクアップにも気を使う必要があります。
また女性なら美人度を上げることもイイですが、笑顔度を上げることが最大のファン獲得となります。


H君はオーディション写真、宣材写真のイメージ作りがとてもお上手です。
上手くなるコツの一つに普段から鏡をよく見ることが上げられます。顔の角度を変えて見たり、口角を上げたり、鏡を左にしたり右にしたりして両側の顔を見ます。すると段々どのあたりが「イイ感じ」が分かってきます。


※声優アイドルとして活動の方のご感想もお待ちしております。