劇団四季オーディション写真 高合格率・2019年予約受付中

著者:フォトグラファー タツヤ

劇団四季オーディション写真 研究生(一般)|合格テク

劇団四季 研究生(一般)のオーディション写真 特選合格テクニックの紹介です。
この時を数か月間待っていた方もいらっしゃると思いますが、このチャンスを逃さず(悔いの無い様に)全力でチャレンジしましょう。

・・応募は好きなカテゴリを選択しエントリーすることになります。

それらは、演技・ヴォーカルポピュラー、クラシック・ジャズダンス・クラシックバレエなどとなります。

合格のポイントとは

基本的にポテンシャルの高さを表現することがオーディション合格への道と考えています。

それには練習を重ねて身に付けた実力を発揮することです。

その動線を作るために「T.S 新宿スタジオ」はエントリー事に作り上げるイメージを適宜変化させ写真審査合格の道を引き寄せようと考えています。

緊張感がアドレナリンを引き出し実力を超える


緊張感がアドレナリンを引き出し躍動感が増します。

アドレナリンとは実力以上の力を発揮する源です。

撮影は緊張しますが、実際、緊張しているくらいの方が良く撮れるのはその為です。

また様々なトークをしながら撮るのでいつの間にか緊張感を忘れてノッテきているご自分を発見するかもしれません。

イイ感じに撮影できますので安心していらしてください(カメラマン談)。

男性も沢山撮りに来られます。


演技



【当スタジオで撮影した沢山の方が・審査通過・合格・出演など様々な現場で活躍されています。
現在キャッツに出演している方もあります。】




演技



ジャズダンスvsクラシックバレエでのイメージ作り


シンプルな撮影手法がアーティスト性を強調する



体のひねりが美しさを強調させる






ポテンシャルの高さが凄い



ポテンシャルの高さを引き出すことに集中して撮影にあたります。
普段以上の自分を表現しましょう。



背筋のライン+股関節の柔軟性






バレエ






アラベスク






同じレオタードでの撮影という事で『ジャズダンスとクラッシックバレエ』を紹介します。

ジャズはモダン、バレエはクラシックを基本に考えて撮影しています。

モダンダンスは躍動感(イキイキとして動きを感じる)、クラシックバレエは優雅さ(気品と柔軟性)を引き出せればと考えています。※クラシックバレエ詳細

レオタードでの撮影ですので「体のライン」がそのまま出ますが、撮り方により「切れ味は劇的に変化」します。

それが躍動感、優雅さに繋がりますので、しっかりとポーズアドバイスをしています。
レオタード、タイツ、シューズの選び方

ポイントは顔の表情と手、足、体の位置と重心で構成されるポージングに関係しています。

実行すれば例外なく、ウエストのくびれ、腰高、しなやかな脚、手の美しさ、首から肩にかけてのラインが向上します。

またパーツとして、太もも、ふくらはぎを細く、脚を真っ直ぐに見せるなどが可能です。

これらはダンスやバレエの経験があれば比較的簡単に出来るようになります。




ジャズダンス






男性:オーディション写真が大きな力を持つ



ヴォーカルポピュラー&クラシックor演技でのエントリー


抑えめの表情でもメッセージ性は低くない



あなたに合わせた撮影法で個性を引き出す






クラシックヴォーカル






クラシックヴォーカル






ヴォーカルポピュラー






エントリーに合わせた撮影法



全身写真もさることながら、上半身写真に重点を置いて撮影しています。

顔立ちの美しさを表現するために、左、右、斜めとベストアングルを探します。それは個人により右からが印象的、左からが素敵、などと異なるからです。

しかし最も重要視しているのは「感情の表現力」です。そのため感情が出しやすいように適宜アドバイスをしてます。

全身用の服はアンサンブル又はワンピースでも大丈夫です。コーディネートのポイントはご自身のキャラクターに合っていることです。

基本的コーディネート術


ハイウエストのワンピース・トップスをショート丈にする・ひざ上のスカート・ウエストをすっきりさせる・薄手の生地・などをチェックしてください。(何点かお持ち頂ければ一緒にお選びいたします)

靴はパンプスハイヒールを基本お勧めとしていますが、夏っぽいカジュアル感を出したい場合はウエッジヒール(つま先は低くかかと部分が高い)でも大丈夫です。

2017年9月~10月撮影分掲載


個性を引き出し 更にドラマチック


ヴォーカルポピュラー



全身写真も重要な要素になる






ヴォーカルポピュラー






ヴォーカルポピュラー



ウエストサイド風






ヴォーカルクラシック



胸元がゴージャスでGOOD






人懐っこいキャラクター






男性:クール系がオススメ






笑顔のインパクトが凄い






目の輝きと黒い服が印象的






男性の白い服も新鮮





ストーレートなポージングなら切れ味鋭く






視線の向こう側に夢が見える



素敵なミュージカルポーズ






雪のような白い肌






【関連記事】
レオタードで撮影(レオタード・タイツ・シューズの選び方など)
ミュージカル・非レオタードで撮影












関連ページ


※当スタジオは皆さんの活動を応援します