劇団四季 プロフィール写真

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

偶然に頼らない撮影術

上手に撮れる時もあるし、上手くいかない場合もある、そんな撮り方をしないのが当スタジオの特徴と言えます。

撮影時に偶然のタイミングを作り「自然な感じを撮る」ことはあるかもしれません。たとえば不意に後ろを振り返ったようなシチュエーションを作り、振り向きざまにシャッターを切るようなことです。

この方法は偶然上手く撮れることはあるかもしれませんが、上手くいかないことも多いでしょう。
他には沢山お話しをしながら、良い笑顔になった時にシャッターを切る方法もあります。これも上手くいったり、失敗したりとなります。

でもプロフィール写真に求められるのは、いつも上手く撮ることです。

劇団四季のプロフィール写真ではドラマチック、フレッシュ、優雅、インパクトなどを意識して撮影していますが、偶然にイイ表情を撮るのではなく、どなたでもに上手くできるよう撮影ステップを整えています。

台詞、演技、ダンス、などの覚えが早く器用であれば撮影もすぐに上手になると思います。

もし普通くらいであればプチレッスン、フルレッスンの練習前の撮影プランを試してください。

たとえ不器用でもイイ感じに撮ることが出来るようになります。それは偶然ではなく、コラボレーションの賜物(たまもの)です。


関連ページ



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator

カメラマン、ファッションデザイナー、ヘアメイクのキャリアを持つ。 24歳で芸能人相手のヘアメイク事務所に所属。後にファッションデザイナーになる為、デザイン学校に入学。就職後、渡英し2年ついやす。 帰国後 広告カメラマンの撮影に参加。独立後メディア関連を含め様々な撮影に携わる。そのかたわらタレント事務所写真講師、モデル養成プロダクションの撮影もこなす。 詳細はこちら