バレエ団に入ろう

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

国内・海外のバレエ団を目指そう

” 上半身 ” どのような表情が似合うかを探すことから始める

上半身を撮影する前に笑顔にするか、真顔にするか、決めているわけではなく、撮影しているうちにどんな表情が似合うかが分かってきます。というより ” 感じ取れる ” ようになります。良い表情は、複数の要素が絡み合い決定されますが、それらは、黒目、白目、一重or二重、口形、広角、歯、笑いじわ、など様々な要因が影響を与えます。ただ、” 笑顔が最強 ” なわけではなく、あなたのイメージに合っていることが優先されます。

印象を強くするには立体感を感じる表現を

印象に残る顔を創るには適度な立体感が必要です。それを実現するのがヘアメイクと照明です。顔に奥行きを創ることを意識すれば平面的な写真であっても立体感が損なわれることはありません。それがインパクトを創り上げ記憶に残るプロフィール写真になります。

体の特徴に合わせたポージングが過去BESTを超える

” 全身 ” 美しくかつポーズの完成度を上げていく

指定ポーズであっても皆を ” 同じに撮影するのではありません ” 。たとえばアラベスクでも「2度」向きを変えると印象が異なります。その微妙な角度がポーズを美しく見せる ” magic ” になります。

アラベスク


アチチュード


クロワゼ、タンジュ


まとめ

” 美しいプロフィール写真 ” はあなたのチャンスを拡大させます。一度で完璧に撮影しようと考えるよりは「ステップアップ」しレベルを上げていくことが理想的と考えています。また撮影を経験することで長所、短所そしてフィジカル的な癖を知ることが出来ます。それは今後の参考として生かすことになります。



WEB予約・24時間365日



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator

カメラマン、ファッションデザイナー、ヘアメイクのキャリアを持つ。 24歳で芸能人相手のヘアメイク事務所に所属。後にファッションデザイナーになる為、デザイン学校に入学。就職後、渡英し2年ついやす。 帰国後 広告カメラマンの撮影に参加。独立後メディア関連を含め様々な撮影に携わる。そのかたわらタレント事務所写真講師、モデル養成プロダクションの撮影もこなす。 詳細はこちら

この記事についてご質問受付中(全て入力/メルアドは非公開)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください