爽やか宣材写真

響 声優オーディション写真 おすすめ3カット

響 声優オーディション写真 応募のコツ

たびた行われる響(ひびき)新人声優発掘プロジェクトの二次審査において、上半身、全身、決めポーズの3カットが必要となっています。

そこで響きに合いそうな” 女性のイメージと撮り方ノコツ “をご紹介します。

※掲載の写真は響きのオーディションと直接関係ありません。

3カット必要な理由

響 声優オーディション写真

響きだけに限りませんが3カット必要な理由はちゃんとあります。

バストアップと全身は写真スタジオで女子力を上げて撮ります。これは通常通りと考えれば良いでしょう。そして残りのワンカットで” 普段着のあなたが見たい “ということなのです。

この手法はアナウンサー試験、ミスコンでもよくやる方法で、おすまし(気取って)して撮った写真は一番よく見える写真であり普段より盛られている(良く撮れている)ので、実物は違うのではないか?と思われるのです。そこで3カット目で審議を確かめるわけです。

TS新宿スタジオが撮影した響のオーディションで2名の方が二次審査に進んでいます。その際3カット目をどう撮ったかを初公開(2021年)します。

どんなカットが良いの

宣材写真 スタジオ

決めポーズとのことですが、変わったポースやアニメのポーズをすることはありません。答えはらしく” イケ女、イケメン “に撮れば良いのです。

イメージは爽やか路線をきずき、服装は当スタジオがおすすめしている声優ファッションが良いでしょう。髪型、メイク、ポーズ、そして男性は以下のチェックをお勧めします。

また似合う服を見つけたい方はじっくり勉強するのも良いともいます。

まとめ

実際どう撮りたいかが決まっている方は非常に少なくその都度相談をお受けします。

そんな時、参考にするのが前回、前々回撮影した方が” 二次審査を合格 “しているので、そのイメージをフィードバックして撮影します。そうすれば求められる人材に近づく確率は高くなります。カメラマン、ヘアメイクスタッフスタッフ共々メディア・テレビの経験・優れたスタジオで最高の一枚をお約束します。


人気ページ