小学一年生モデル オーディション写真

小学一年生モデル オーディション写真/グランプリ獲得

小学一年生モデル オーディション写真が夢を掴んだ/一次審査は写真で決まる

TS新宿スタジオでオーディション写真を撮影したお子さんが小学一年生モデルグランプリを獲得 ”しました。そんな” 子供向けモデルオーディション写真の撮り方 “をご紹介します。

子供オーディション写真 52選

スタッフと仲良くなれるのは才能

小学一年生モデル オーディション写真

TS新宿スタジオは芸能、メディアなどを目指す子供、子役に人気の写真スタジオで” オーディション写真や宣材写真を専門的に撮影 “しています。カメラマンやヘアメイクスタッフは「芸能、モデル、メディア」に精通しているので主催者が子供になにを求めているか大抵のことは分かります。だからそのニーズに合わせて撮影し採用される確率を上げるのです。

特に子供撮影は仲良くお友達になることから始めます。初めての撮影だと大人だって緊張するのに、ましてお子さんは知らない大人と会話をする経験だって少ないはず。だからまずは” お話しして仲良くなる “のです。

もちろんお子さんも一人ひとり個性があるので、早くなれることも時間が掛かることもあります。その中で物怖じせずに会話できる子はある種「恵まれている」と言えます。生活環境も関係しますが社交性は才能だと思います。

人見知りのお子さんでも大丈夫

小学一年生モデル オーディション写真/

人見知りをしないのは一部で大抵のお子さんは緊張します。スタッフはそれを十分理解しながらヘアメイクや撮影を行うのでいつの間にか自然と仲良くなることも少なくはありません。結果的に誰でも段々慣れて心を開いてくれるので心配はしていません。

事務所所属、無所属に関係なくチャンスはある

子供オーディション写真
小学一年生モデル オーディション撮影のノリはアニーに似ている

芸能事務所に所属しているからと言って、誰でも撮影が得意なわけではありません。逆に物事を楽しめる性格の子なら無所属でも上手に撮影できます。ポイントは” 楽しむ心とチャレンジ精神 “です。

ご承知の通り撮影は力強い味方がいます。それがカメラマンでありヘアメイクスタッフです。私たちはどうすればお子さんが良い表情をするのか、またそのチャンスを逃さず撮影するテクニックを持っています。だから安心して良いのです。

ただ、撮影回数が多くなるほど上手になる傾向はあります。だから一発で合格することもありますが、1年前からレッスンのつもりで撮影することをお勧めします。

TS新宿スタジオの撮影メソッドに支えられたオーディション写真スタジオとして可愛く又はカッコ良く撮影します。

私たちの撮影法は他の写真館などとは全く異なるので撮影経験があるからと言ってプラスに働くとは限りません。例えば笑顔の作り方で「癖がついていると柔軟性に掛ける可能性」があるからです。

まとめ

各々のお子さんが持っている個性を見つけながらも、主催者のニーズに合うように撮影するのが合格の秘訣です。それが高合格率に繋がる撮影法と言えます。

合わせて読みたい