爽やかな宣材写真

爽やかな宣材写真 表情 服服 ヘアメイク 3選

爽やかな宣材写真撮影術・表情・服・ヘアメイク

爽やかな宣材写真

爽やかに撮れない・爽やかは似合わない・爽やかが良いのか分からい・など悩みのある方必見です。

爽やかな宣材写真はプロダクションで求められます。それは芸能事務所キャストの宣材写真をみても分かります。もし自身のイメージを爽やかに見せることが出来れば様々なオーディションで有利になるはずです。そこでここでは爽やかに見せるための幾つかのテクニックをご紹介します。

爽やかに見せるアイテムを集めよう

声優宣材写真

爽やかに見せるには「爽やかアイテム」を増やしていくことです。それを増やせば爽やかさは増し、減らせば抑えることが出来ます。

そのアイテムとは顔の表情、服のデザインや色、ヘアメイクの作り方、照明の当て方等で変化します。それでは一つずつ見て行きましょう。

表情

宣材写真

笑顔の大小に関わらず「笑顔系」であれば爽やかさは表現できます。

服の色

白、ピンク、ベージュなど淡い色を多めに取り入れた無地の衣装がお勧めです。逆に柄が多いとデザイン性に目が行きファッション性が目立ってしまします。デザインでもワンポイントに抑えることで爽やかさをキープできます。

ヘアメイク

最も重要なのがベースファンデーションです。卵のようなつるっとした肌表現を目標にしますが、その為にはカバー力のあるファンデーションが必要です。また肌に密着させるパッティングテクニックを忘れてはいけません。仕上げのポイントは肌をナチュラルに見せることです。

ポイントメイクは目力を強調できるアイメイクを中心に行います。アイラインは弱くせず、シャドーなどの色を抑えめにするのが良いでしょう。

まとめ

以上の様に準備を整えて貰えれば、あとはファッションに精通したカメラマン、沢山の芸能人を担当したヘアメイクなどテレビ、メディア業界に精通したスタッフがスタンバイしています。たとえ撮影が初めてでも良く撮れる様にレッスンプランもご用意しています。だからこそ過去最高の出来栄え可能になるのです。

合わせて読みたい