着物 宣材写真

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

紋つき着物姿の宣材写真を撮影

由緒ある伝統的なカタログ撮影
着物撮影の場合、撮影知識と伝統的なルールを知ることが大切です。

たとえば「紋」です。

紋がある場合、ロゴが見えるように撮影します。

上方から構えて撮影すると紋がいびつな形になる為、カメラに対して平行な位置にします。

表情は微笑む程度で威厳と人間的を表現します。

白黒印刷とカラー印刷の撮り分け

カタログ用の宣材写真撮影

白黒着物印刷 宣材写真


着物の「黒色」は潰れやすく立体感を出すのは難解です。

立体感を演出するには照明効果が最も効果的です。

前方からの光を弱めにしてサイド、又はバックからの照明を強く設定します。

最後の仕上げとしてパソコンの後処理でシャドー部分を浮き上がらせる技法も考えられます。

淡い色の着物の宣材写真

淡い色の着物 宣材写真


淡い色の着物を撮影します。

柄が光の加減で白く飛ばないようにセッティングします。

帯にも同様です。

金色の反射が高いこともサポートします。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator