男性モデル オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

男性モデルのオーディション写真撮影法

男性のオーディション写真は「男の美学的」なフィロソフィーを持ち撮影に臨みます。

しかしスタイリッシュな撮影は美学よりもリアルなカッコ良さが求められることは周知しています。

なぜなら、美学は人それぞれですがリアルなカッコ良さは他人とも共有できるからです。
ケーススタディー|男性モデルの表現法 トラッドorクール
トラッド系のファッションは冒険せず、ポーズは礼儀正しくします。

一方、クール系のファッションはカジュアルで冒険心を持ち、ポーズは型にはまらないことです。

ただ両者の中間的イメージの場合もあります。


ファッションリーダーは後者のクール系が多いようです。


クール系の撮影はモデルの自主的な動きを尊重しながら、欲しいアングルを指定します。


もしモデル経験が少ない又は無い場合はカメラマンとして工夫をしています。

それは、カメラを手持ちで撮影し、たとえポージングがぎこちなくても仕上がりを洗練させます。

但し、撮影に慣れて貰う為にプチレッスン、フルレッスン、更にはポーズプラン等の練習プランをお勧めします。

関連ページ


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator

カメラマン、ファッションデザイナー、ヘアメイクのキャリアを持つ。 24歳で芸能人相手のヘアメイク事務所に所属。後にファッションデザイナーになる為、デザイン学校に入学。就職後、渡英し2年ついやす。 帰国後 広告カメラマンの撮影に参加。独立後メディア関連を含め様々な撮影に携わる。そのかたわらタレント事務所写真講師、モデル養成プロダクションの撮影もこなす。 詳細はこちら