オーディション写真の歯並び

オーディション写真の歯並びと撮り方2選

オーディション写真の歯並びは良いほうが良い

オーディション写真なら目の美しさを引き立たせ、次に口元、歯並びを美しく表現します。なぜなら目元と口元が印象を決めるからです。目だけにとらわれるのではなく、口元を上手に表現できなければ強いオーディション写真にはなります。

そこで口と歯並びを美しく、イイ感じに表現するためのコツをご紹介します。

どうやって口元をキレイに見せる

オーディション写真の歯並び

口、唇、歯が一体とな美しい笑顔につながります。

口を大きく横に開き口角を上げると爽やか笑顔になります。アイドルの様に大きく口を横に開き笑顔を作ると爽やかさが増幅します。

大きな笑顔は唇の丸みを抑えて元気なイメージに繋がります。そして口元から見える「白い歯」がフレッシュ感を強調させます。

その際に整った歯並びは大きな武器になります。

オーディション写真の撮り方

アイドルとは対照的な表現方法で口元を美しく表現する方法もあります。それが「微笑みの顔」です。これは「唇の立体感を失わないように表現」して歯はあまり見せません。テクニックとしては上下の唇がつぶれない様に軽く閉じます。

歯が見えない状態、歯が少し見える程度など、口のフォームを変えて表現します。更にこの利点は歯並に関係なく口元を美しく表現する効果があることです。

また多少歯が見えることにより、口を閉じた顔より明るいイメージにすることも可能です。口元表現は微妙な力加減が必要なので撮影前のショートレッスンでやり方を練習すると良いでしょう。

撮影前にチャック必須のポーズ10種

まとめ/オーディション写真の歯並びと撮り方の関係

オーディション写真は静止画なので細部まで良く見えます。歯並びが良ければ見せるようにし、良くなければ見せないとの判断をすることも大切です。

合わせて読みたい