声優 オーディション写真の服装

笑顔の宣材写真を可愛く撮る方法3選

笑顔の宣材写真を可愛く撮るコツ

笑顔の宣材写真

笑顔ならどんな笑顔でも「魅力がある」と言えるかもしれませんが、それを宣材写真とするならば、コツを掴むことで更に良くすることが可能となります。その笑顔のつくり方をご消化します。

宣材写真として良い笑顔とは

宣材写真 笑顔

  • 眼差しの表現
    なんといっても「目をイキイキ」させることです。それを達成するにはカメラマンと楽しい会話を通すことで生まれる本当の笑顔をつくるのです。それはスマホの自撮りでは困難なアドレナリンを放出することで達成できます。
  • 口元の表現
    口角をきりっと上げて微笑むことで爽やかさは増します。しかしがアイドルのように全開で笑顔にするのか、緩めの笑顔にするのかはケースバイケースです。どちらが良いのか判断するのもカメラマンの役割の一つでユーザー自身が気にする必要はありません。その理由はカメラマンがファインダー越しに表情を見れば「どんな笑顔いが似合うか」見当がつくからです。
  • カメラマンの役割
    撮影においてカメラマンの仕事は被写体の魅力ある笑顔を引き出しその一瞬の輝きを写真に収めることです。その努力を続けることで被写体はステップbyステップして輝きを強めて行きます。その後、段々と自主的に笑顔をつくれる環境に移行していきます。これなら最初は笑顔のつくり方が分からなくても「適切なアドバイスで上手に出来る」ようになります。そして撮影後半ではアドバイスさえ不要になることもあります。

まとめ/笑顔の宣材写真

ロケ撮影

カメラマンとのコラボレーションを楽しめれば思った以上の笑顔を手に入れられます。初めてでも、ベテランでも楽しく撮影するのが最大のポイントです。

合わせて読みたい