ダンサー

TBS系列のドラマスタッフとして働いていた経験

TBS制作のドラマで働いた経験|芸能界のコラム

監督と親しくなると仕事が来る場合はあります(馴れ合いになることとは違いますよ)。ある男性俳優さんとドラマの収録中にキャスティングについて話をしたことがあります。

彼はトヨタ自動車のCMでピンで出演するほどのキャリアがあります。その方が言うには、「この監督だとキャストとして声がかかる」とのことです。

ではどういう人柄だとオファーがあるのでしょうか。それは日ごろから活動する努力、そして個性ある演技を感じさせることではないでしょいうか。

ドラマの現場で見かける、監督やプロデューサーなど、仕事の中枢を担う人に媚びを売るのではなく、正々堂々と勝負する姿は立派です。


テーマパークダンサーなら写真で勝負


人気撮影プラン

声優のおすすめファッション

オーディションに合格する為の選べるプラン

  • プチレッスン
    本番撮影の前に表情・上半身ポーズのレッスンし行う人気NO.1プラン 主に上半身の写真を頻繁に使う業種に向いています。たとえば声優です。ほとんどの声優プロダクションの宣材写真は上半身のみをWEBに掲載します。それほど顔が大切なのですね。
  • フルレッスン
    本番撮影前に表情・上半身・全身ポーズをレッスンするカメラマンのお勧めプラン 全身も拘って撮影したいケース向いています。それはモデルのような全身写真が直接商売に繋がる職種にも向いています。
  • ダブルコンセプト
    ヘアメイクをチェンジして2つの表情を作るよくばりプラン。
    オーディションにより提出する写真を変えるケースに便利です。
  • スタンダード・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • スタジオ&ロケ・・イメージ撮影と宣材写真(オーディション写真)を撮る贅沢プラン

合わせて読みたい