オーディション写真スタジオ パワーアップ

著者:フォトグラファー タツヤ

7月6日オープン 新スタジオでさらにパワーアップ

オーディション写真や宣材写真の背景は白いペーパーバックが人気ですが、新スタジオでは白壁、白煉瓦(レンガ)、白いドア、白い窓、白い階段+アイアンの手摺などを背景に撮影することも可能となりました。

今回ペーパー背景だけではなく、豊富なバリエーションを準備しましたが、引き続き新鮮さを演出できる「白い色」にこだわって作り上げたハウススタジオであることがポイントです。

ハウススタジオとは

新スタジオは「ハウススタジオ」としてデザインしましたが、このハウススタジオは名前の通り「家のようなスタジオ」の意味です。

一般的に写真撮影に使用されるハウススタジオは洋風に仕上げられており、どこを背景にして撮ってもお洒落に見えるようにデザインされています。

当スタジオも例外ではありませんが、イメージ的には「フレンチアンティーク風」としていて、更にビンテージ感やエイジングを施しています。新しいのにアンティーク感をプラスしているのが特徴と言えます。

こんな場合はペーパーバック(背景)で撮影しなくても大丈夫

オーディション写真は背景を指定されることはないので何を背景にして撮影しても問題ありません。

重要なのは被写体であるあなたを良い感じに魅せることですが、これらの背景で撮影する場合の狙いをお話しします。

フォトスタジオに行って撮った感を小さくすることが可能

綺麗に撮りたいけど、さりげなく見せたい。そんな場合に適しています。

カフェにお茶をしに行ったときに撮影した、旅行に行ったついでに撮影した、また友人や知り合いの家でたまたま撮った、など偶然に撮ったイメージを作ることができます。

たとえば雑誌や広告では、ハウススタジで撮影することもありますが、実際にカフェを借りたり、ホテルのロビーや廊下、部屋などを借り、イメージ作りをします。

このようなロケーション撮影は生活の中に溶け込ませて自然に見せるのがポイントとなります。

ハウススタジオで撮影する利点・まとめ

美しく、可愛く、個性的に、でもさりげなく、そんなシチュエーションに適しています。
現在新スタジオオープン記念として、無料で対応いたしますのでご希望の場合はご相談でください。

関連ページ