テーマパーク オーディション写真

職業別オーディション写真のコツ 2選

職業別オーディション写真のコツ

表現方法のカギ

笑顔、真顔、クール顔、などいつもの自分のキャラクターを前面に出し撮影します。たとえば普段から笑顔が得意であれば撮影も笑顔を中心にすると良いでしょう。

声優の表現方法

職業別オーディション写真

若手声優は可愛いイメージと、爽やかな印象つくりをします。声優は好印象にすることがポイントであり、透明感をつくりが得ることに注力します。それが業界のニーズとなっています。

表情のポイントは笑顔の見せ方です。目を大きく見せ、口角をしっかり上げた笑顔にします。オーディション写真ならいつもより大きな笑顔が良いでしょう。

テーマパークダンサーの表現方法

テーマパーク オーディション写真
2021撮影

ディズニーオーディションはバストアップ、全身ともに重要です。実は良く撮るためには撮影の順序があります。初めはバストアップの撮影です。なぜなら顔だちをよく見てイメージつくりをしたいからです。また、顔の表情だけ見るのではなく体幹のアドバイスも行います。

そして全身ポーズの撮影に入ります。全身はスプリングのような「躍動感を感じるポーズ」又は「楽しさを感じるポーズ」のいずれかにします。足位置、腕位置、顔の位置、腰の位置等すべてが関係してくることから、時間を掛けてもやり遂げる気持ちが大切になります。

職業別オーディション写真をサポート/女性編

顔立ちや雰囲気に合わせた服装が欠かせません。
基本の服装コーディネートは、

  • トップス
    首元を広く開けけば誰にでも似合うコーデが出来上がります。
  • ボトムス
    パンツではなくスカートの受けが良いです。スカートの場合「ひざ丈」を基準にします。審査ということで脚を多めに見せるならタイトのミニスカート、ボックススカート、またはフレアースカートにします。

服装とポーズの関係

服が何であっても「細く撮れるポーズテクニック」をアドバイスしていますの過度に心配しなくても大丈夫です。デザイン異なる服が数点あると便利です。

ヘアメイクについて

ヘアは特別な意図がない限りダウンスタイルを推奨します。なぜならオーディションでは髪の長さを見せることも大切だからです。前髪が長すぎて目に掛かるケースでは「手」で掛からないようにかき上げて貰うこともあります。

メイクアップは色使いを少なくし、アイメイクは強めにして目力を作り上げます。ルージュは弱めが良いでしょう。

カメラマンのアドバイス

撮影ではカメラマンのアドバイスの下で笑顔を創るので上手にできるようになります。おそらくご自身が考えているより上手に出来るので心配はいりません。

カメラマンのおすすめプラン

レッスンプランをご用意しています。これは本番撮影の前に練習撮影を行いテスト撮影した写真をモニタに映し出したポーズを見ながら、脚や腕の位置をアドバイスしたり、美しく見える顔の角度などを確かめて貰います。これにより本番撮影はスムーズに撮影する事ができると人気です。初心者~上級者まで対応できます。

合わせて読みたい