美しい 宣材写真

美しい 宣材写真の撮影テクニック

美しい 宣材写真を追求する撮影テク

美しい宣材写真

美しく印象的な顔を作るには目と口の表現力をアップさせることです。そこで宣材写真で適切と思われれる「眼差し&口元」を紹介します。

どうすれば良くなる?

子供 ミュージカル オーディション写真

眼差し、目元のポイント
  1. 生き生きとした目にするには気持ちを込める
  2. 誠実な眼差しを創るならカメラに対いて真っすぐに見る
  3. 甘い目ならカメラから顔をそむけるように斜めに見る
  4. 優しい目なら目を上下に開けるよりも横方向に広がるように見る
  5. クールな目にするなら顔をやや背け斜めにカメラを見る
などがイメージを掴む際のポイントです。

口元
  1. 笑うときは口角が上がっているかを意識する
    撮影で「笑う」とは大きく口を横に開き口角を上げることです
  2. 微笑むときは口を横に薄く広げながら口角を上げる
    微笑みは歯が少し見えるか、見えない程度にし、やはり口角は上げます。
  3. キレに閉じるなら上下の唇の丸みが失われないようにする
    口を閉じて撮影ときは上下の唇を軽く合わせる程度に「唇の形」を壊さないようにします。
  4. ゆるく開くときはやや顎を上げると自然に口が空くのを利用する
    ゆるく開くは唇上下の空間を少し作り「ゆるい」感じを作ります。
の4パターンにおおよそ分類できます。

まとめ

顔の表情は目の開き方と口の形で決まります。撮影時にはカメラマンがファインダーを覗きながら目、口が美しいフォームになった時に雰囲気に適宜シャッターを切ります。ある時はアドバイスを送り、見栄えのするアングルに導き、その瞬間にシャッターを切り、美しい仕上がりへと導きます。

合わせて読みたい