オーディション写真

一人ひとりを大切に撮影する

個々の希望を写真に反映させたい

撮影前に「何のオーディションに応募するか」また宣材写真の撮影なら「どの事務所なのか」伺います。それはオーディションや事務所により募集の趣旨が異なるからです。

たとえば、

  • アイドルになりたい
  • プロダクションに所属したい
  • 養成所に通いたい
  • ダンサーになりたい
など全てを同じ様に撮ることはありません。

オーディションを分析して合格を導く

アイドルオーディションでは笑顔に可愛いポーズが最適ですが、プロダクションオーディションなら所属者の傾向を知ることは重要です。

その場合プロダクションの公式ホームページに掲載されているキャストを見ます。所属者の宣材写真に一人も笑顔がないのなら笑顔で撮ることはしません。笑顔よりは真顔や、どや顔にした方が合格が容易と思われるからです。

必要な時間を掛けてちゃんと撮影したい

5,000円程度の料金プランがない理由

T.S 新宿スタジオは効率よく沢山の人を撮影しないフォトスタジオです。

短時間で安く撮影して回転率を上げるのではなく、時間を掛けても良いオーディション写真に仕上げ合格して貰いたいからです。

たとえば広告撮影では1日にワンカットしか撮らないこともあります。

それは良い写真を撮影することが目的だからです。オーディション写真や宣材写真も同様のことが成り立ちます。

T.S 新宿スタジオの得意技

当スタジオのカメラマン、ヘアメイク共にメディア関係の仕事を専門にしたのちにT.S 新宿スタジオをオープンしました。

その為、芸能界のことを承知しています。

そのノウハウをこれから芸能界を目指す皆さんにご提供できると思います。

2020/3

T.S 新宿スタジオ CEO
photographer タツヤ



合わせて読みたい
オーディション写真の服装