初めてのオーディション写真

初めてのオーディション写真でも安心

初めてのオーディション写真 宣材写真でも大丈夫

テーマパーク オーディション写真 笑顔

撮影前に何のオーディションに応募するか、宣材写真の撮影なら「どの事務所なのか」伺います。それはオーディション内容や事務所により撮り方を変える必要があるかです。

たとえば、

  • 声優になりたい
  • プロダクションに所属したい
  • 養成所に通いたい
  • ダンサーになりたい
など全てを同じに撮影することはありません。

オーディションを分析して合格を導く

オーディション写真は笑顔が一番ですが(その理由は合格できる撮り方)、プロダクション又は養成所の所属又は入所オーディションならプロダクション所属者の傾向を見てから決定するのが妥当です。

そんな時はプロダクションの公式ホームページに掲載されているキャストを見ます。もし所属者たちの宣材写真に笑顔がないのなら笑顔で撮ることはしません。笑顔より良い表情がほうが合格が容易と思われるからです。

十分な時間を掛けてちゃんと撮影したい

声優 初めてのオーディション写真

T.S 新宿スタジオは効率よく沢山の人を撮影しない写真スタジオです。

それは短時間で撮影して回転率を上げるのではなく、時間を掛けても良いオーディション写真に仕上げ合格できる確率を上げたいからです。逆にいえば良い写真を撮ろうと思えば十分な時間が必要にるのです。

たとえば広告撮影では拘束時間3時間でワンカットしか撮らないことあります。それは良い写真を撮影することが目的であり” オーディション写真、宣材写真 “にも同様のことが当てはまります。

まとめ

TS新宿スタジオスタジオのスタッフはテレビ、メディア関係の仕事を専門にしたのちにスタジオをオープンした為、芸能界のことを承知しています。その知識を芸能界を目指す皆さんにご提供して行きます。

合わせて読みたい人気ページ