カタログ 宣材写真撮影

著者:フォトグラファー タツヤ

カタログ用宣材写真の撮影

カタログ・ポスター・チラシ等の写真は長期間使用されても耐えられるように撮影します。

また不特定多数の人が見ても違和感のないことが必要です。

それには、季節感に捕らわれない服装選択と、流行に振り回されないヘアメイクを施ことがポイントになります。

撮影の注意事項

オーディションとは異なる
  • 審査員がいるわけではないのでナチュラルな感覚でよい。
  • 笑顔にする必要性はない。
  • 顔、体を斜めにしすぎない。

服装のポイント

すっきりとさせる
  • 体のラインが分かる服にこだわる必要がない。
  • トラッド系のコーデにする。
  • 白背景で撮影する場合、顔かたちを印象的(はっきりする効果)にするになら濃い色にし、透明感(ふわっと仕上げる効果)を演出したい場合は薄い色の服にする。

ヘアメイクのポイント

清潔感を大切に
  • 流行に捕らわれない。
  • 普段メイクをしない場合でも撮影用のメイクは施す。
  • ファンデ、シャドー、ルージュ等マット仕上げを志す。
  • 髪は多少明るめになることを計算に入れる。
  • ヘアカラーをするなら、1~2週間以内にする。

以上、簡単ですが参考にして頂けると幸いです。

もし撮影が不慣れな場合、練習付きプランを用意していますのでご利用ください。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で