女優 宣材写真

自分に合ったオーディション写真4選

自分に合ったオーディション写真が良い

全身撮影

自分に合ったオーディション写真

全身ポーズをセンス良く決めることは簡単ではありません。

定番のポーズを取れば難しくはないですが、自然で躍動感があり個性的に、など要望が多いほど難易度は高くなります。

また、服やイメージに合っていないとスタイリッシュにはなりません。

しかし難しいからといって、いつも手を腰にあてた定番ポーズにする訳にはいきません。

そこで、当スタジオではナチュラルなポーズが取れるように一人ひとりにアドバイスを行います。

その為、ファッションやイメージに合ったポーズが出来るようになります。

歌手のオーディション写真

歌手のオーディション写真

いろいろな才能をお持ちの方で、歌手やバンド活動、演技にも興味がおありだそうです。

撮影を始めると、テンポよく撮影バリエーションを表現してくれました。

今後のご活躍を期待しています。

ちょい悪なコンポジット

男装
男装

アルゼンチンタンゴを思わせる装いに少女が挑戦する。

可愛らしさとはほど遠いい男装ですが、かえって魅力が出ていると思います。

表情は渋めのアレンジで笑顔は控えめ。

それがモデルさんの奥行きを感じさせていますね。ミュージシャン、モデルコンポジットや宝塚の宣材、オーディション写真にもなります。

服・イメージ・ポーズが合っているといい感じ
服とモデルさんのキャラクターを考えて撮影しました。

制服系のスカート、ブラウスにネクタイでアメリカンスクール的なイキイキした感じと可愛らしさをプラス。

ニーソックス+絶対領域で長い期間のトレンドであもあるスクールガールは永遠の憧れ的人気に。

斜めから覗いたような表情がキュートで悪戯な感じになります。

全身ポーズもそれに合わせてななめ系で撮影。

自主的なポージングで動きも滑らかです。

合わせて読みたい