宣材写真 オーディション写真 服装

一次審査を通過できるオーディション写真の撮り方

一次審査を通過できるオーディション写真

一次審査を通過できるオーディション写真

オーディションの最初の壁は一次審査通過です。そこでは2枚のオーディション写真が運命を握ります。その審査を通過する写真の撮り方には鉄則があります。それが印象的に見せることです。そこでポイントをご紹介します。

審査で評価を上げる方法

『顔』を良く見て魅力を引き出す

顔の動きをよく見ると、目と頬は繋がり、頬の動きにより顔が丸くもなれば、楕円形にもなります。そして口を動かし笑顔を作ると鼻が横に広がり、目が細く変わります。このように「顔」のパーツはそれぞれ繋がっており、一つを動かせば、他も動く「連鎖反応」を起こします。そして動きを知ることが印象的な顔に撮影する為のポイントになります。

特に重要なのが「目と口」の表現です。

潜在的な目の大きさより、大きく見開くことで「目力」を増しインパクトを強くします。

「口」は様々なアングルから観察し口角が左右対称に上がる位置を見つけます。

そして肝心なのが「美しくならないと諦めず美しさを探す気力を持ち続けることです。そうすれば大抵の場合キレイ見せることが出来るようになります。

まとめ

人物撮影のカメラマンは沢山の顔を見て良い表情を撮る為の知識を増やしています。一つ一つ顔のパーツを注意深く観察しながら撮影すれば強いオーディション写真が撮れるのです。そんなカメラマンのアドバイスを聞く力と素直な気持ちがあれば良い写真に仕上がることは間違いありません。

※先週のオーディション写真、宣材写真
グリーンメディア
アプトプロ
バオバブ
アトミックモンキー
賢プロダクション


合わせて読みたい