オーディション写真の個性の作り方

オーディション写真の個性の作り方

オーディション写真の個性の作り方を考える

オーディション写真の撮影の時「何」を考えてカメラの前に立ちますか?きっとあなた自身の個性をどうやって表現するか?・・だと思います。笑顔にしたり、真顔にしたりとチャレンジしますね。緊張するので「顔がこわばったり」「顔の筋肉がプルプルしたり」することもあります。

今回はそんなことを話しながら声優の養成所「声優養成所」に通うユーザーさんと撮影に臨みました。

個性のつくり方

彼は人あたりがよく、明るくてノリのいい、おしゃべり上手。きっとクラスの人気者だと思います。

本日のファッションは今年購入されたというエンジ色のジャケット。ヨーロッパの王子様又は制服(戦闘服)な感じがします。そこでキャラクターを絞って撮影することにしました。

それは「勇敢な戦士」です。

地球のためにエイリアンから地球を守る!! そんな雄姿のイメージで撮ったのが掲載の写真です。

表情はクールにして、口元には微笑みを!イイ感じに撮れていると思います。

ライティングは横からの光を強くして立体感を出しました。それが今回のキャラクターイメージに合っていると思います。

今回のように「キャラになりきる」と集中できて完成度が上がります。一度試して撮影しては如何でしょうか。

合わせて読みたい