透明感を表現したオーディション写真・宣材写真

著者:フォトグラファー タツヤ

透明感を演出して撮影するオーディション写真・宣材写真



「透明感を出したい」とリクエストを頂くことがありますが・透明感とは何か?を考えると表現のヒントが見つかるかも知れません。
その条件は

  1. 爽やか又は優しい感じをだす
  2. (笑顔などの)表情に無理がない
  3. 淡い口紅
  4. 優しいチーク
  5. 明るめの髪の色
  6. 淡い服の色
  7. 首元が開いた服
  8. 綺麗な肌を演出
  9. 明るめの背景色
  10. 影を(濃く)作らないライティング
などが挙げられます。

以上を参考に考えると
『透明感とは』モデル・メイク・撮影・服装などのトータルコーディネートにより演出出来る
ことが分かります。

今回の撮影のポイント

タレントさん・モデルさん的な雰囲気があるのでオシャレな撮り方が良いと考えました。オシャレの中でもカジュアル路線が良く、(スーツを着たように)かしこまった形にしないのがポイントです。バストアップは左右方向を変え撮影しました。どちらの向きから撮ってもイイ感じの仕上がりは有りました。これはその中から選んだ一点です。

爽やかさの演出に一役買っているのが髪を耳にかけた事です。これはメイクさんと相談してその場で決めることですが臨機応変に対応することがクオリティーの向上に貢献します。

全身撮影に関しては幾つかのポーズパタンを試みましたが、ベストと考える一点を掲載しました。気を配ったのはスタイルを美しく表現する事は勿論のことですが、軽やかさを出すことです。
と言うのもソールの高い靴は大きいモノが多くヒールも太いことから足元が重く見えます。これを「べた足」に撮影すると沈んだように見えてしまいます。そうならないように足元の表情を確認しながら沢山撮影しました。

結果仕上がりを見てとても喜んで貰いました。


掲載写真が多く解説があるので自分に合ったイメージを探すことができます
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります