俳優オーディション写真

俳優 オーディション写真で声優活動も行ける1つの理由

俳優 オーディション写真で声優でも使える撮り方

俳優 オーディション写真

俳優と声優の撮影は同じようで全く異なります。しかし両者の中間を上手につなぎ合わせることで ” 俳優と声優どちらにも生かせるオーディション写真 ”にすることが出来ます。そのノウハウをご紹介します。

基本的に笑顔で撮るのが良い

宣材写真 笑顔

俳優は笑顔なしのオーディション写真で問題ありませんが声優は笑顔が好まれます。その為 笑顔で写真を撮ることを念頭に置きます。

笑顔には2種類あり、掲載写真のように歯を見せて大きく笑うケースと歯を見せない口角のみを上げるケースが考えられます。第一候補は歯を見せ大きく笑う「爽やか笑顔」で誰が見ても新鮮さを感じる表情です。歯を見せる笑顔は強い印象を残す効果があります。オーディションのようなインパクトが合否を左右する環境では良い結果を残すことに繋がります。

一方、歯を見せない笑顔、つまり「微笑み」も力を発揮しない訳ではありません。十分優しさを伝えることが出来れば万人に愛される表情となります。

どちらの笑顔にするかは状況次第

歯を見せた笑顔は幾つかの条件が整う必要があります。

  • 歯並びが良い
  • 気持ちを込めた笑顔が出来る
ことがポイントです。

おすすめ俳優のオーディション写真

全身写真のオススメ撮影法

バストアップで撮影自体に慣れてきているので全身でもポーズを決めて上手に撮影したいものです。立ち方は脚を前後にクロスさせます。そこのとで脚を細く見せることが出来ます。そして重心をやや後方に置き脚長効果をつくります。

まとめ

笑顔はどんなオーディションでも愛される万能の表情です。俳優、声優どちらでのオーディションでも好まれます。チャレンジ精神を持って頑張りましょう。

合わせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください