俳優の宣材写真の撮り方

俳優の宣材写真の撮り方をモデルと比較 1選

俳優の宣材写真の撮り方

エキゾチックな顔立、ダンサーにも見える美しいスタイル、ストライプのトップス+黒いスカートが印象的です。そこで俳優の撮り方をご紹介します。

俳優の顔は名詞と同じ

俳優の撮影では大きな変化を求めるより顔の表情をしっかり見ながら撮影します。目は美しく、顔を傾け、優しく微笑む、など微妙な仕草を掴むのがポイントになります。

実際には同じ動き(ポージング)を数回行って貰い、顔立ちをよく観察して、結果としてどのアングルが美しいかを見つけて良い写真を撮影するのです。

撮影のポイントを掴めば、最も美しいと感じるアングルから集中的に撮影します。そうなれば、気分が乗って俳優との呼吸も合い、無言であっても意思の疎通が出来るようになります。そして信頼が生まれ結果として、素晴らしい作品に仕上がります。

他業種との撮り方の違いは

モデルの撮影法は

モデルは写真撮影のプロであり自主的にポージングを変えることが出来ます。その動作のテンポは俳優より早く動きも大きくなります。バランスを左に、右にと自由自在に変化させながらも「体幹」はしっかりとキープし安定性を損なうことはありません。

顔の表情は笑顔、微笑み、真顔など自由に変化させながらも、ファッション性のあるポージングとミックスさせます。それが都会的であり、クールになるのです。

まとめ

モデル撮影はオシャレであることがポイントである一方、俳優は自分らしさを表現することが重要です。そしてカメラマンは俳優の求めるイメージを具現化することが仕事になります。

俳優写真

合わせて読みたい