宣材写真を撮りなおす利点

著者:フォトグラファー タツヤ

好印象の宣材写真が有利な訳

芸能界である期間以上活動していれば宣材写真を撮る機会があったと思います。

頻繁に撮る人もある一方「5年間」も撮りな直してない人もあると聞きます。
長期間撮り直してない方の理由は大まかに3パタンあるようです。

  1. 現在利用の宣材写真が気に入っている
  2. 上手く撮れないので諦めている
  3. なんとなく使っている

宣材が気にいっている場合は別としても、古い、上手く撮れない、重要と思っていない等はチャンスを逃してはいないでしょうか。

たとえば俳優さんの場合、写真の出来ばえは仕事に直結する事も多いので「好感度の高い宣材写真」である必要があります。

掲載のFさんは仕事の関係で急きょ写真が必要とのことで撮りに来られましたが、今回好感度の高い撮影が出来たことによりマネージャーが積極的に営業してくれるだろうと予想しています。

実はナレーターも写真が重要

これはナレーターをプロデュースしている事務所の話ですが声の仕事であるにも関わらず写りの良い宣材写真を求められるようです。

ナレーターが宣材写真で不適格になることはないと思っていましたが、実際は採用基準を左右するようです。

そのためにもしっかりと納得できる写真撮影が必要のようです。

最近のオーディション
  • 日ナレ(日本ナレーション演技研究所)
  • プロフィット
  • ケンユウオフィス
  • プロダクションエース
  • ザ・ベンチ
  • ラベルテ
  • ユマニテ
  • トップコート
  • トライストーン養成所
  • スターダスト
  • エーチーム
  • yamaha
  • プロダクション・エース
  • 『擬人カレシ』オーディション
  • ジュネス モデル事務所
  • ブログなどのプロフィール写真
  • 税理士
  • 占い師
  • ショップチャンネル用
  • ミスインターナショナル
  • ミス日本
  • ミスユニバース

関連人気ページ