カテゴリーアーカイブ コンテスト

著者:タツヤ

7月6日オープン 新スタジオでさらにパワーアップ

オーディション写真や宣材写真の背景は白いペーパーバックが人気ですが、新スタジオでは白壁、白煉瓦(レンガ)、白いドア、白い窓、白い階段+アイアンの手摺などを背景に撮影することも可能となりました。今回ペーパー背景だけではなく、豊富なバリエーションを準備しましたが、引き続き新鮮さを演出できる「白い色」にこだわって作り上げたハウススタジオであることがポイントです。

ハウススタジオとは


新スタジオは「ハウススタジオ」としてデザインしましたが、このハウススタジオは名前の通り「家のようなスタジオ」の意味です。一般的に写真撮影に使用されるハウススタジオは洋風に仕上げられており、どこを背景にして撮ってもお洒落に見えるようにデザインされています。

当スタジオも例外ではありませんが、イメージ的には「フレンチアンティーク風」としていて、更にビンテージ感やエイジングを施しています。新しいのにアンティーク感をプラスしているのが特徴と言えます。

こんな場合はペーパーバック(背景)で撮影しなくても大丈夫

オーディション写真は背景を指定されることはないので何を背景にして撮影しても問題ありません。重要なのは被写体であるあなたを良い感じに魅せることですが、これらの背景で撮影する場合の狙いをお話しします。

フォトスタジオに行って撮った感を小さくすることが可能

綺麗に撮りたいけど、さりげなく見せたい。そんな場合に適しています。

カフェにお茶をしに行ったときに撮影した、旅行に行ったついでに撮影した、また友人や知り合いの家でたまたま撮った、など偶然に撮ったイメージを作ることができます。

たとえば雑誌や広告では、ハウススタジで撮影することもありますが、実際にカフェを借りたり、ホテルのロビーや廊下、部屋などを借り、イメージ作りをします。このようなロケーション撮影は生活の中に溶け込ませて自然に見せるのがポイントとなります。

ハウススタジオで撮影する利点・まとめ

美しく、可愛く、個性的に、でもさりげなく、そんなシチュエーションに適しています。
現在新スタジオオープン記念として、無料で対応いたしますのでご希望の場合はご相談でください。

最近人気の撮影

声優系ではシグマセブン、日ナレなどの撮影が盛んです。特にシグマセブンは締め切りが近づいているので、応募の方はお早めにご予約ください。
俳優系ではキャラメルボックス、キャストオーディション。14日 締め切り。
舞台 マザーテレサ。

その他、ミスコン、各種夏のオーディションも人気です。

著者:タツヤ

女性の持つ可愛らしさを引き出す二つのプロテクニック


可愛らしさには二通りの表現方法があります。一つはルックスを可愛くする方法、もう一つは性格の可愛らしさ(性格の良さ)を表現する方法です。性格の良さを「写真」で表現できるかとお思いの方もあると思いますが、上手に出来れば両方を一度に表現することも不可能ではありません。

ルックスの可愛らしさは「各々が持ち合わせている女子力を最大限に引き出し表現すること」で可能となり、また性格の可愛らしさは「素直で人懐っこいイメージを引き出すこと」で表現できると考えています。

  • 【ルックスの可愛らしさを引き出すメイクテクニック】
    撮影用のメイクアップは日常しているメイクとは違います。それは撮影した写真で美しく表現することを目的としているからです。
    大きな違いは撮影用メイクは撮影用の照明を考慮に入れてメイクアップしている点で照明の光の強さを考慮することです。
    具体的な例を挙げると、たとえばメイクアップの基本となるベースのファンデーションです。日常よく使われるのはパウダーファンデーションやリキッドファンデーションですが、撮影の時には普通に塗っただけでは薄すぎて顔色のくすみ、毛穴の大きさ等をカバーする事は困難です。もちろん個人差もありますが、このベースファンデーションがしっかりと密着していることが大切で、その結果として光を均一に反射させる肌が完成し「赤生ちゃん肌」の様なツルツルの肌質表現が可能となります。

    メイクアップワンポイントアドバイス

    アイメイクの一つアイラッシュ(まつ毛)はメイクアップの中で唯一立体感があるパーツと言われています。目の大きさのみならず、立体的な顔に仕上げることの出来るアイラッシュテクですが「元が少ないから無理」と諦めていませんか。特に下まつ毛が少なくて「目力」を出せない場合でもプロのメイクテクがあればしっかりと「目力」を付けることが可能です。たとえ付けまつ毛をしなくても大丈夫ですので、そんな方はメイク前に担当メイクアップアーティストにお伝えください。
  • 【性格の良さを引き出すフォトテクニック】
    もちろん可愛らしさを引き出すことも出来るフォトテクニックですが、内面的美しさを引き出すことも可能です。
    これはカメラマンとの会話などを通じて、いつの間にか素直で自然な気持ちになっていくことが影響します。いままで長所であるご自身の性格をしならい方も少なくないので会話の中で気が付くことで「あたしって結構いい人!」なんてこともあります。そうすると表情がみるみる変わり、人に好かれる素直な顔になっていきます。

【まとめ】
オーディションでは個性や魅力を如何に表現出来るかで勝敗がきまりますが、この二つ(可愛らしさ、性格の良さ)を引き出すことを念頭に置いて撮影するだけでも仕上がりは違ってきます。コンテストやプロダクション所属では人が人を選ぶのですから、一緒にやっていける、この人ならバックアップ(所属して貰いたい)したいと思って貰うことが大切です。

著者:タツヤ

顔の角度や撮り方が同じでも表情が違うとイメージが変わります(笑顔編)

笑顔が中心のオーディション写真・宣材写真ですが、爽やかさや初々しさを表現するには打って付けの表情と言えます。

笑顔づくりのポイントは目元と口元です。特に口元は口角を上げることで爽やかさは増して行きます。でもやみくもに口角を沢山上げるのが良い訳ではありません。それは口元の形、歯並び、表情筋などと相談しながら最適な笑顔を見つけ出すこと(テクニック)が必要となるからです。

平たく言うと、笑い過ぎると「ほうれい線(口の周りの縦線)」が強くなり老けた印象になりますし、歯茎が見えるほどに笑うとスナップ写真的な「笑い方」になりカジュアルすぎてオーディション写真や宣材写真としては「イイ感じ」とは言えません。逆に歯並びに自信のない方でも角度や笑顔の大きさを調節することによりかなりイイ感じに撮れますし、歯を見せないで笑顔にするテクニックもあります。更にオプションである『宣材写真仕上げ』を利用すれば顔、形を変形するような修正をしなくても印象は確実に良くなります。

※宣材写真仕上げとは、顔の形を変えるような「修正」などはせずに美しさを引き出すことの出来る当スタジオオリジナルのオプションです。

笑顔にしなくてもイイ感じに仕上がります(まったり顔編)


「爽やかな笑顔」にしなくても個性や美しさは表現できます。但し表情をなくした様な「真顔」とは違います。まったり顔は表情は押さえめで、特に口の動きを少なくするとイイ感じに仕上がります。女優さんのオーディション写真や宣材写真に比較的多く見ることが出来る顔ですが、表情を抑えめにすることが結構難しいので演技力も必要となります。

まったり顔つくりのテクニカル的なポイントは「目を強めに強調し、口元は押さえめにする」ことです。目を強くするために「目力」を入れる等のことは耳にしたことが有るかもしれませんが、目を大きく見開くだけでは目力とは言わず「大きく見開いた目」になるだけです。ここで大切なのは感情を込めて表情作りをすることで、そのことが魅力あるまったり顔を表現できることになります。

更にまったりとした顔にも(僕の中では)メリハリがあり強めはルージュのCMのようにとイメージを説明して撮影する事もあります。掲載の写真は強めでも、弱めでもない、普通くらいですが、口元を自然に美しくするため、様々なアドバイスを行っています。

特に撮影前にショートレッスンをするプチレッスンプラン又フルレッスンプランでは初めてでも、何度も撮影したことのある場合でも、各々のスキルに合わせて「簡単で楽しく」をコンセプトに練習しています。

※真顔とは「真面目な顔つき」のこと

オーディション写真・宣材写真における笑顔(微笑み含む)比率(独自イメージ)
  • 俳優・5~6割
  • 声優・7~8割
  • モデル・4~5割
  • ミュージカル・6~7割
  • ダンサー・6~7割
  • 子役・8~9割
  • 歌手・5割
  • コンテスト・8~9割
  • ビジネスプロフィール・7~8割
  • 音楽家・7~8割

最近の人気オーディション
  • トライストーン
  • スターダスト
  • ミュージカル系
  • ミス20代コンテスト
  • インターナショナルメディア学院

3つのNO.1
  1. オーディション写真・宣材写真掲載人数(220名以上)
  2. 情報数(約330ページ)
  3. 合格者掲載数(多数)

※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ

著者:タツヤ

女子力を上げて目、口、姿勢をチェックするのがポイント

速報:10月7日【Miss Universe 一次写真審査合格の連絡を頂きました】

ミスユニバース、ミス日本、ミスインターナショナルなど「美」を表現する場合、美しさを強調する事が大切です。

これはミスコンに限らず、俳優、声優、モデルなど他のカテゴリで活動する方々の参考にもなりますので皆さんチェックして頂けると良いのではと思います。

女子力を上げるのは、目の魅力を十分に表現しましょう。よく「目力」と言われることがありますが、目を大きく見開くだけでは目力は生まれません。様々な撮り方のパターンはありますが、掲載写真の場合顎を少し高くすることによりカメラを「見下げる」ことになります。この方法は二重をはっきり見せることが出来ることと、多少の色気をプラスする効果があります。これで一歩女子力は上がります。

次に口の表現です。大きな笑顔は爽やかですが、女子力が上がるとは限りません。むしろ笑顔を抑えめにすることで女子力が上がる場合も少なくないので、今回は「唇の持つ本来の形」を崩さない様に撮っています。これにより唇の弾力が表現できるため、女子力は一歩上がります。

姿勢も大切な要素となります。ボディーラインを美しく表現することが特に大切なカテゴリのため、背筋をよく伸ばして撮影しています。これによりバストラインが美しく表現されるため、女子力は一歩上がります。

以上のように3点の表現ポイントを説明しましたが、ご自身が活動するカテゴリでも、(同じように撮影する必要はありませんが)当てはなる特徴を取り入れることにより、更なる充実を図って貰えると良いのではないでしょうか。


※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
コンテストのオーディション写真・宣材写真詳細

著者:タツヤ

国民的声優グランプリ開催でポイントとなるオーディション写真・宣材写真をチェックする

※目にポイントを置き清潔感を表現

夏はビッグなオーディションが多いですが今年も例外ではありません。2014声優アーティスト育成プログラム・セレクションに続き(株)アース・スター エンターテイメント実施の声優オーディション
それが『国民的声優グランプリ』です。

【特典】
グランプリ:賞金100万円・アニメ主役声優デビュー・歌手デビュー・アーススター所属
準グランプリ:賞金30万円他
募集期間:2014年7月1日~9月30日(消印有効)
年齢:12歳~25歳

ところでWEBサイトを見ると(株)アース・スターさんは映像やアニメを制作している会社のようで関連企業に「tsutaya」なんかがあります。

そして個人的に思うのが今回の募集の良さは何と言っても主催者が「映像を自社制作」している点です。それは『自社制作=自社のキャスト採用』となるケースが、今回だけではなく今後も考えられることです。これは仕事を継続的に取る点からみて有利ですよね。

一次審査は書類選考なので強いオーディション写真が欠かせません

応募はWEBサイトからになりますがプロフィールの記入、そしてバストアップと全身写真が必要となります。また応募フォームでは氏名の次に写真をアップすることが求められていてソノ重要度が伺えます。

ここで強いオーディション写真の撮り方のお話しですが、どなたでも「笑顔の写真が最高」と言うモノではなく個人差があります。それは各々顔形や雰囲気が違うからです。そして重要となるのが、どのように撮影すると強いオーディション写真や宣材写真になるかの「イメージ作り」が正しくできることです。

※関連記事
2014声優アーティスト育成プログラム・セレクション

著者:タツヤ

ミスユニバース オーディション写真・宣材写真のコツ

この季節になると行われるのがミスユニバースやミスインナーナショナルコンテストです。日本人としての美を競う訳ですがオーディション写真の審査が最大のポイントといっても過言ではありません。

コンテストの場合第一次審査は写真の良し悪しが合否の判断材料となるだけに、きっちりとご自身をアピールできるようにする事が大切です。そして自信を持ち最大限のアピールをすることが合格の秘訣ともいえます。

まず服選びですが体のラインを見せることが大切です。もし「かなりイケてる」と思う場合は白Tシャツにショートパンツ(股上の短い)などの超シンプルファッションが最適です。これは体のラインをキレイに見せるだけではなく、審査員にも自信があることをアピールできるからです。

はピンヒールやかかと細いパンプスが良いでしょう。デザインはシンプルが一番です。かかとの高さは10センチなら違和感はありませんが、20センチはちょっとやりすぎです。当スタジオではダイアナをお持ちの方が多いようです。

ストッキングは透明又は履かない選択肢もあります。無しの場合はクリームを塗って撮影すると良いでしょう。とにかくきめ細かいアプローチが大切です。

ヘアメイクはシンプルに見える用に、しかしきっちりとすることがポイントです。こと撮影に関して言えば、強い光を使って撮るためファンデーションはうす塗りにする必要はありませせん。但し首や胸元の色とのバランスを考えて行います。

ポイントはアイメイクとなりますが付けまつげは「ふさふさ」にしなければ問題ありません。また流行のコンタクトディファインは「ナチュラル系カラー+瞳を大きくしない」ならOKです。一部で瞳の大きいことが可愛いと感じる傾向がありますが、カメラマンや審査委員のように沢山の候補者を見ていると必ずしもプラスになるとは限りません。やはりやり過ぎないバランスが大切です。


ルージュ
  1. 可愛くするならピンク
  2. ナチュラル系ならベージュ
  3. セクシーなら赤
などをお勧めしています。

オリジナルの撮り方が人気

当フォトスタジオではこのようなコンテスト向けに「美人撮り」を行っています。これは美しく写るためのレッスンを行い、しなやかさとポーズをマスターします。
  1. しなやかな顔の表情を作るレッスンを行います
  2. しなやかな体の動きをマスターします
  3. テスト撮影後モニターでアドバイスを行います
この美人撮りなら数々の候補者から写真選考されるのも夢ではありませあん。一次写真審査を通過してステージで美しさを表現してください。

著者:タツヤ

ミスインターナショナル・ミスユニバース・ミス日本のオーディション写真は美しさ強調

※風をあてながら撮影

美しさやしなやかさを競うのがミスインターナショナル、ミスユニバースそしてミス日本です。以前書いた記事に国民的美少女コンテストの撮り方にも通じるところはありますが、こちらは少しお姉さんとなりますので美しさの引き出し方は少し違ってきます。

国民的美少女コンテストでは学生らしい新鮮な感覚を表現するのに対して美人コンテスト系では更に「女性」としての魅力を表現する必要があります。特にミスインターナショナルではライバルは外国人となるので「大人の女性」である必要があり、ただせさえ子供っぽく見える日本人をそのまま表現してはインパクトが低いと考えています。

ところでミスインターナショナル、ミスユニバースのWEBサイトでは(昨年度)地方予選を勝ち抜いた方々の一同に介し撮影を行っているようです。皆さん各都道府県の代表者ですので美人度は高いと思います。そしてミスユニバースのWEBサイトの写真を見ると風をあてながら撮影しているようです。

当フォトスタジオでも風を利用しての撮影を行ってます。
風を使った撮影の利点は
  1. 美人度が上がる(個人的な経験則です)
  2. ナチュラルでゴージャスな雰囲気に仕上がる
  3. 目のインパクトが増す
などです。
逆にデメリットは、
  1. 風が不規則なため撮影枚数が多くなる
  2. 風の偶然性を狙うので完成度がイレギュラーになりやすい
などです。
カメラマンとして言えることは、風を使ってナチュラルに仕上げることは理にかなっておりお勧めできるテクニックです。

今回撮影したAさんは、たとえミスインターナショナル、ミスユニバースのWEBサイトに掲載されていたとしても十分『美しさ&しなやかさ』で戦えるクオリティーです。まずは写真選考を突破し、2次選考で素敵なキャラクターを表現できるチャンスを掴みましょう。

****************
詳細:ミスインターナショナル
最終締切:2014年7月28日(月)

著者:タツヤ

美ジネスマン&美ジネスウーマンのオーディション写真・宣材写真をカッコ良く撮る



『ビジネススーツを着てもカッコ良くなる』をコンセプトに撮影しました。結果的に上質なスーツを着こなす高品質なイメージに仕上がり満足しています。

ビジネススーツを着る現場としては、ドラマ、映画、舞台からアナウンサー、MC等まで様々です。元々「背広」は一般のビジネスの現場で最も広く着られている「仕事着」だけに、その中でカッコよく見せるためには、着こなしこそが他人と差別化する手段といえます。もちろん今回の撮影でも主役はモデルさんであってスーツの仕立てではないので、表情とポージングを最も重視して撮影にあたっています。

バストアップ撮影で最もこだわったのはフェイスラインの角度でシャープさをだしてクールに見せた点です。全身ではベルトに添えた左手がオシャレですが沢山のアドバイスをしなくても上手くポーズしてくれました。手の仕草はアドバイスは出来ても上手くポージングするのはモデルさんご自身となるので、日ごろから雑誌などを見て勉強することをお勧めします。

撮影後の仕上げではコントラストを高めにセッティングしました。通常は行わない行為ですが今回の仕上げにはマッチしていると思い実行しました。そして光の沢山当たる左半身と影となる右半身のコントラストが高くなりインパクトが増しました。

その結果コンテスト系でも目立ち審査通過率は高くなると考えています。
※後日第一次写真審査通過連絡を頂きました

※最近のオーディション写真・宣材写真から
先週撮影したトライストーン所属の女優さんですが、お顔立ちも可愛く申し分ないと思うのですがご自分的には理想の女性像があり、それに近づきたいと思われているようです。そして撮影に関してのリクエストを貰ってから、ヘアメイク、ライティングをセットし撮影開始です(当スタジオではご本人に合わせてライティングするため、お会いしてから照明を組みなおします)。特にこだわったのは顔のシェープと美肌です。そのため「プチレッスン」ではアングル、ヘアーと照明を念入りにチェックしました。

そして撮影後の仕上がりは『絶賛』していただきカメラマンとしても納得できるものでした。今後も当スタジオで撮影することに決められたとのことでした。

著者:タツヤ

国民的美少女コンテストに通過した撮り方を元に解説

当フォトスタジオは業界に適した形で美しく、可愛く、カッコ良く撮ると評判を頂いていますが、先日撮影した方から『国民的美少女コンテスト写真審査通過』の連絡を貰いました。このイベントは10万人以上が応募するという日本でも最大級のコンテストで、その中から写真選考を通過するだけでもかなりの倍率であることが想像できます。

そこで今回は(国民的美少女コンテストに限りませんが)どのように撮ると写真審査の通過ができるか、モデルさんはどんな雰囲気で写真撮影に臨むと良いかををかみ砕いて公開いたします。

上手に写るコツをアドバイス

まずモチベーション(やる気)を高く持つことが大切です。「私ならいける」と思うことから始り、そうすることで輝きが増します。特に撮影では「キレイに撮られる気力」が顕著に現れ、その結果美しく仕上げることが可能となります。
  1. 撮影は緊張するのが普通ですので恥ずかしがらずにポジティブ(前向き)に行きましょう。
  2. 頭で深く考えず、やりながら覚えるとスムーズにできます。
  3. アドバイスをすぐに出来なくても大丈夫です。段々出来るようになります。
  4. 初めは顔が引きつったり、筋肉がぴくぴくするかもしれませんが気にしなくて大丈夫です。上手くできるようにアドバイスできます。
  5. プチレッスン、フルレッスンなどの撮影前練習について。
    これは当スタジオのオリジナルレッスンプランです。上手く写るためのテクニックやコツを練習します。具体的には美人度アップのコツを習得します。当スタジオでは「笑って」と声をかけることはまずありませんが、ひきつった笑顔から、自然な美しい笑顔に変身できるようになります。

思った以上にキレイに撮れます

何度か撮影したことがあると違いがよく分かりますが、写真を見たとたんに「今までと全然違う」と驚かれる方が沢山いらっします。これはカメラマンのキャリアとオリジナルの撮り方・ヘアメイクのテクニックから生まれた撮影方法で、それは皆さんの仕上がりの写真を見れば納得が出来ると思います。

※最近のオーディション写真・宣材写真
  • 国民的美少女コンテスト
  • ミスインターナショナル
  • ミス日本
  • ミスユニバース